カードローン即日

カードローン即日審査※今すぐお金を借りれる情報まとめ

土日でも即日融資を受ける~カードローンの即日審査の際に知っておきたいポイント

土日でも融資を受けることはできる?

キャッシングを利用するというような場合、そこには「今お金が必要」というような人と「今後必要になるかもしれない」というような人の2パターンが出てくることになります。どちらの場合でも利用をするのであれば便利に利用できた方が良いというのは確かですが、そこで重視されるのが「土日でも借りられるかどうか」ということです。結論から言ってしまえば、現在のキャッシングであれば十分可能です。

これまでは銀行の営業日ではない土日祝日は対応していないというようなキャッシング業者が多かったのですが、現在では銀行との提携が行われるようになったこと、銀行業者が増えたことなどを背景として、夜間・休日など関係なく対応する業者がかなり増えてきています。
>>バンクイックは今すぐにお金を借りれるの?テレビ窓口を利用すれば即日中にキャッシングOK?

そうした業者であればまず間違いなく自社のアピールポイントとして、即日審査即日融資を紹介をするようになっていますから、もしより柔軟に利用できるキャッシングと契約をしたいのであれば、そうしたサービスが紹介されている業者を選ぶのがベストということになるでしょう。

ただ「土日でも対応しているから」と言ってもすぐに申込をして明日の土曜日(又は日曜日)に借りられるのかというと怪しい部分もありますので、その点には注意しましょう。

スポンサーリンク

キャッシングで即日審査する際の注意点

さて、先ほどの結びの一文で「すぐに申込をして明日の土曜日に借りられるのかというと怪しい部分もある」というところを解決する方法のように見えるのが「即日融資」という文言です。一見すると申込をしたその日のうちにすぐ融資を受けられるようにも見えますが、これはあくまでも最速で手続きが進んだ場合です。

キャッシングの利用は誰でも申込さえすればすぐに使えるというようなものではなく、実際に利用するまでには審査などのステップを踏む必要があります。この審査は人によってかかる時間が異なり、例えば非正規雇用で収入が安定しないというような人だと審査の結果が出るまでに時間がかかって返答が翌日以降になることがあり得ます。
>>年収200~300万円の低年収の人でもキャッシング審査には可決するの?

また即日融資ということで見落とされがちなのが「他の人が申込をするタイミング」です。全体的な傾向を見てみると、土日祝前日や月末などといったタイミングは利用申込が各業者に多くはいるようになります。土日祝日の休日に向けて資金が欲しいというような人は多くいますし、月末の支払いをキャッシングで乗り切ろうとする人も多いからです。

ですから本当に申込をしたその日に借り入れをしたいのであれば、余裕を持って行うことが必要です。

即日融資をスムーズに利用するための注意点

それでは最後に、そうした即日でお金を借りられるキャッシングをスムーズに利用するための注意点を確認していきましょう。まず先ほど述べた「土日祝前日や月末を避ける」ということは当然必要ですが、これに加えて注意点としてチェックしたいのが「必要書類を揃える」ということです。

少額の借り入れであれば収入証明までは必要が無いケースが多いのですが、それでも身分を確認できる書類が必要になります。普段から運転免許証を携帯している人であればさほど問題ありませんが、免許が無いという人は健康保険証やパスポートなどを事前に用意しなくてはなりません。

次にチェックしたいのが「情報は偽りなく伝える」ということです。特に年収や勤め先といったような情報は、残念ながらよく偽られる情報となっています。しかし業者もプロがチェックするのですから、不審な点があれば必ず審査がストップします。ストップしてしまえば別の申込者を優先して確認していきますから、ストップさせないためにも最初からしっかり嘘偽りなく伝えるようにしなくてはならないのです。

こうしたことを徹底していけば申込をして30分で借りられることもありますから、是非実践していきましょう。

スポンサーリンク

どんな借り方ができるの?キャッシングの種類について


スポンサーリンク

キャッシングの種類について

キャッシングと言うのはお金を借りる事を意味しているのですが、一言でキャッシングと言っても多種多彩であり、大きく分けると消費者金融系銀行系信販会社系の3つの種類に分類出来ます。
 
また、それぞれの金融機関もしくは貸金業の中には利用使途が定められているものも在れば、利用使途が原則自由(事業性は除く)と言った具合になっているものなどが在ります。
 
レディースキャッシングなどの場合は、女性専用のローン商品として用意されているもので、このローン商品についても利用使途が定められていないので自由に利用することが出来るなどのメリットを持ちます。
 
尚、信販会社と言うのはクレジットカードサービスを提供しているのが特徴なのですが、クレジットカードはキャッシュレスで買い物などが出来る便利なカードです。
このカードに専用のキャッシング枠を設けたものが信販会社におけるキャッシングの特徴と言う事になるのです。
 
また、消費者金融と信販会社のキャッシング枠と言うのは貸金業法と呼ばれる法律が適用されており、貸金業法には総量規制が適用されています。総量規制は年収の3分の1を超える貸し付けを禁じる規制で、銀行にはこの規制が無いのが特徴です。
 
総量規制とは | 貸金業法について
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html
 
 

銀行と消費者金融の審査について

申し込みをすると消費者金融と銀行はそれぞれ所定の審査を行う事になります。
一般的に銀行は金利や低く、消費者金融は金利が高いと言われており、金利が高くても審査が緩めのところで申し込みをする人も多いものです。審査のゆるい消費者金融と言えば、中央リテール、ライフティ、フクホーなどが有名です。
 
しかし、総量規制が適用された場合は年収の3分の1を超える貸し付けを受けることが出来ない事を知っておくことは大切で、年収が300万円の人が150万円の申し込みを行っても利用する事は出来ないわけです。
 
審査では、年収証明書(所得証明書)の提出が必要な場合と不要な場合が在りますが、総量規制が適用されている貸金業者の場合は、申し込み金額が50万円を超えた場合、他社借り入れ総額と申し込み金額が100万円を超える場合は必ず年収証明書類の提出が必要になります。
(⇒キャッシングと年収の関係について
 
また、申し込みを行うと個人信用情報を照会し、金融の中での事故の有無を確認します。
これはブラックリストと呼ばれる状態になっていないか、他社の申し込みが頻繁に行われていないかなどを確認する目的や、他社からの借金の有無や借り入れ総額などについて確認を行っているのです。
そのため、申し込みをする時など、正直に申込書に記載をしなければ信用を失うので注意が必要なのです。
 

キャッシングの種類とメリットとデメリット

キャッシングには色々な種類が有るわけですが、利用使途が自由に定められている事で、色々な事にお金を利用出来ると言った利点が有ります。
 
また、中にはカードローンと呼ばれるローンの種類が在り、申し込みをした時に利用限度額と金利が定められ、利用限度額の範囲内で繰り返しお金を借りることが出来ると言ったメリットを持ちます。
 
しかし、カードローンの返済方法と言うのは毎月1万円と言った具合に返済を行うようになっているため、使い過ぎてしまうと言うデメリットも在ります。
そのため、カードローンを利用する場合には毎月の支払額をきちんと把握する事、使うお金の上限を決めるなどの自己管理を行う事が大切です。
 
コンビニエンスストアなどに設置されているATMなどの場合は24時間いつでもカードローンの専用カードでお金を引き出させると言った利点が有るわけですが、いつでも引き出せると言う利便性は自己管理を徹底しておかないと借金が雪だるま式に膨らむ可能性が有ります。
それ故に、キャッシングなどお金を借りる場合の返済計画はとても重要な事であり、利便性が高いと言った利点を生かすのは返済計画を立て自己管理をして利用して行く事なのです。

 

タグ :  

基礎知識 その他

1 41 42 43