カードローン即日

カードローン即日審査※今すぐお金を借りれる情報まとめ

後悔しないために知っておきたい!消費者金融キャッシングの返済方法


消費者金融ではキャッシングの返済方法が複数用意されている

消費者金融のキャッシングを利用してお金を借りた場合は、当然のことながら返済期日までにお金を返さなければなりません。
 
現在、キャッシングを利用した借りたお金の返し方は大きく分けて5つあります。
 

  • 「口座振込」で、消費者金融会社が指定した金融機関の口座に、期日までに窓口やATMから現金を直接振り込み
  • 「口座振替」で、事前に口座振替依頼書などを使って申し込むことで、所定の日に利用者が指定した口座から自動的に引き落とし
  • 「店舗の来店」で、有人店舗の窓口に直接お金を持参したり、店舗に併設されているATMからお金を入金して返す
  • 「提携ATMの利用」で、消費者金融会社が提携している金融機関やコンビニエンスストアに設置されているATMからお金を返す手続きをする
  • 「インターネットの専用ページの利用」で、契約した消費者金融会社が運営している専用ページでお金を返す為の手続きを行う

 
これら5つの方法はそれぞれに利点と欠点があります。そのため、上手にキャッシングを利用するには、その時点で都合の良い返し方は何なのかをよく考えて選択することが重要です。
 
 

毎回決まった金額以上を返済するのがキャッシングにおけるルール

消費者金融のキャッシングでは、毎月決められた日に契約時に指定された金額もしくはそれより多い金額を返していくのが基本です。この方法は「リボルビング払い」と呼ばれています。
 
リボルビング払いの方式にはいくつかの種類がありますが、ほとんどの消費者金融で採用されているのは「残高スライドリボルビング方式」と呼ばれるものです。
単純なリボルビング方式では、借入残高が高くなるほどお金を全額返し終わるまでに期間を要し、利息分の負担も大きくなります。
 
そこで、毎月のある1日を締め日とし、その時点の借入残高に応じて段階的に毎月返す金額をスライドさせる仕組みを取り入れています。これが残高スライドリボルビング方式です。
 
この方式では、借入残高が減るほど毎月入金する金額が少なくなっていきますが、元金にあてられる金額も一緒に少なくなるため、借りたお金を全額返し終わるまでの期間が長期化するデメリットがあります。
 
このデメリットは、お金に余裕のあるときに最低金額より多く入金したり、まとまったお金が用意出来た段階で一括でお金を返すことで回避することができます。お金の返し方を工夫するのも、賢くキャッシングを利用するためには不可欠です。
 
 

安全にキャッシングを利用するには期日通りの返済が不可欠

キャッシングを安全に利用するためには、申し込み時に締結した金銭貸借契約の内容を遵守し、期限を守ってお金を返し続けることが不可欠です。
 
もし、期限までにお金が入金されなければ、お金を返す際に遅延損害金と呼ばれる費用が加算されてしまいます。
遅延損害金は日割りで計算され、その金額は借入残高、利率、遅延日数によって決まります。つまり、借入残高が高かったり、遅延日数が長くなったりするほど、請求される遅延損害金は高額になっていきます。
 
期限までにお金が入金されない場合に生じることはこの他にもあります。それは信用情報に記録されるおそれがあるということです。
返済の遅延は数日程度であれば、少々の遅延損害金を支払うだけで済みますが、3ヶ月以上経っても入金が無かったり、1~2ヶ月程度の延滞を何度も繰り返していると、信用情報機関に事故情報が記録されてしまいます。延滞に関する事故情報が記録されると、以後5年間は新規にお金を借り入れることができなくなってしまいます。
 
信用情報機関とは
http://jicc.co.jp/whats/about_01/index.html
 
金融会社のキャッシングのCMでは「ご利用は計画的に」という言葉が必ず登場しますが、この言葉の通り、お金の借り入れと返済はきちんと計画を立てて行う必要があります。

 

基礎知識 返済