カードローン即日

カードローン即日審査※今すぐお金を借りれる情報まとめ

無収入の専業主婦がカードローンで借入する場合の条件は総量規制対象外の銀行ローン


消費者金融や信販会社は総量規制の対象になる

専業主婦の方の場合、自分の収入がないということで、キャッシングを申し込める所が限定されます。なぜならば、総量規制という規制があるためです。この規制は年収の1/3以上のお借入れはできないというものです。
 
この規制が適用されるのは消費者金融や信販会社です。ですから、専業主婦の場合は消費者金融や信販会社からはキャッシングができないということになります。昔、主婦がサラ金からお金を借りて返せなかったという話しをテレビなどで見たり聞いたりしたことがある人がいるでしょうけれど、2010年に総量規制が実施されてからは、条件が変わりました。
(⇒キャッシングと年収の関係について
 
専業主婦の場合は大手の有名な消費者金融からはキャッシングができなくなってしまいました。また、クレジットカードのキャッシング枠の利用も、総量規制の対象となります。ですから、新たなお借入れは原則としてできないということになります。
 
このようなことから、専業主婦にとっては自分の名前でお借入れをする条件がきびしくなりました。パートやアルバイトなどをして少しでも収入があれば、消費者金融などからもお借入れができるようになるのですが、収入のない主婦の場合は条件が厳しくなりました。
 
 

銀行カードローンは専業主婦でもお借入れ可能

専業主婦の場合、消費者金融や信販会社のカードローンは申し込めませんが、銀行カードローンであれば、申し込みが可能です。チェックポイントとして銀行カードローンにはお借入れの枠は小さいですが、女性用のカードローンがある所があります。収入のない主婦でもお借入れが可能です。
 
専業主婦に人気のカードローン
・東京スター銀行 スターカードローン
・静岡銀行カードローン セレカ
・イオン銀行カードローン BIG
・じぶん銀行カードローン
・みずほ銀行 みずほMyWing わたし応援ローン
レディース・レイク(新生銀行)
 
そして、銀行ですからキャッシング未経験者でもお借入れしやすいでしょう。インターネット専用銀行でのキャッシングなどは人に見られることもないので、とても利用しやすいでしょう。郵便物などは滅多に届かないですが、家にいることの多い仕事を持たない主婦ですと、郵便物のチェックも家族で一番早く人が多いので問題ないでしょう。
 
大切なチェックポイントは、利子が低いのはもちろんですが、自分にあった返済方法があるというのも大切です。さらに、キャッシングをしてから一定期間、無利息期間があるととてもお得です。特に、短期間で返済が絶対にできるという人の場合、利息の低さよりも、この無利息期間がある銀行のほうがよいでしょう。銀行によっては30日間の無利息期間がある所もあります。極端な例ではこの30日間に全額を返せるとしたら、利息は全くかからないということになります。
 
 

キャッシングは早めに申し込むのがコツ

多くの人はできればキャッシングをしたいとは思わないでしょう。住宅や自動車を購入するような場合はローンを利用しない人はあまりいません。当然のことと多くの人は思うでしょう。しかし、もっとプライベートな小さなことではできればお借入れなどはしたくないと思っている人が多いでしょう。
 
しかし、お金が足りなくなるというのはよくあることです。大切なことは余裕があるうちにお借入れをする決断をすることです。そのほうが、自分にとって条件のよい所からお借入れができます。お借入れをする際のチェックポイントとして、はやめの決断をするということです。お金はだまっていても増えません。節約にも限度があります。
 
お金が足りなくなることが予想できたその瞬間からお借入れをすることと、パートやアルバイトを真剣に、そして計画的に考えると、良い条件で借りられる可能性も高くなります。
 
収入のない主婦も、ネットなどですぐにちょっとした仕事が始めることができる時代です。大きな金額にはならなくても、ちょっとした収入を得ることはできます。ですから、キャッシングを考え始めると同時に、収入を少しでも得る方法も考えると気が楽になります。とにかくはやめに行動を起こすことがとても重要です。

 

タグ : 

基礎知識 お金借りる審査 基礎知識 主婦・専業主婦

専業主婦(無収入)が警戒するべきキャッシング詐欺とは?~闇金には十分な警戒が必要


専業主婦はキャッシング詐欺にご注意

闇金融

いつの時代でもどの場所でも、常に≪詐欺≫という二文字は存在しています。これは現代の日本でも同様で、ここ数年ではキャッシング詐欺と呼ばれるような詐欺の被害が多く報告されるようになっています。
 
ではこれはどういったものなのかと言うと、簡単に言ってしまえばキャッシングにまつわる詐欺と言うことです。例えば他社で融資を断られたというような人に対して「うちなら融資できますよ」と言って近づいたり、本当は貸すつもりも無いのに「契約金を支払ってくれれば格安の金利でお貸ししますよ」と言って近づくと言うようなものがこのタイプの詐欺だということになります。
 
この被害に特に注意をしたいのが専業主婦です。平成22年に貸金業法が改正されて以来、貸金業者は総量規制の中で事業の運営をすることとなりました。この総量規制の中では、貸金業者に対して専業主婦のように年収がゼロ円になってしまう人に対しては一切貸し付けをしてはならないというような制限が課せられるようになっています。(※一部の銀行カードローンは除く)
(⇒収入のない専業主婦は旦那に収入があれば借入も可能
 
従ってこれまで貸金業者からお金を借りてやりくりしていた専業主婦がその業者からお金を借りられなくなってしまったのです。キャッシング詐欺はこうした立場の人を狙うものですから、そうした詐欺があることを理解し、警戒するようにしましょう。
 
 

専業主婦を狙う闇金によるキャッシング詐欺

ではそうした被害があるのだということを踏まえて、実際の詐欺の事例を見ていきましょう。まず全国的に多く報告されているもののうち特に注意したいのが闇金による被害です。闇金とは国に対して必要な届け出をせずに不法に営業する貸金業者のことで、このタイプの業者はかつてと比べると格段に数が減りました。しかしそれでも数がゼロになったわけではありませんし、被害も毎年どこかで出ているものです。
 
法改正で経営が厳しくなったことを受けて闇金はこれまでのように融資をしてほしいと言われるのを待つのでは成り立たなくなっています。その中で目を付けたのが専業主婦であり、闇金は専業主婦に対して「ウチなら特別に融資できます」と言って近づくようになっているのです。
 
直接勧誘をするということはせずとも、新聞の三行広告や町中の張り紙などで顧客を募ることも多く、利用者は闇金だと知らないまま利用をしてしまうケースが多いのです。一度利用してしまうと多額の利息を請求されるようになってしまいますし、本来は禁止されている強硬な督促を行う闇金もいます。一度関係を持つと手を切るのが難しくなりますから、怪しい業者は利用しないようにしましょう。
 
 

闇金とは異なる振り込め詐欺タイプの被害

最も注意するべきなのは先ほどの闇金によるものですが、それと同様に注意をしなくてはならないのが振り込め詐欺タイプのキャッシング詐欺です。これは冒頭でふれたもののうち契約金や手数料を要求して契約をするというタイプになっています。申込みの際に「専業主婦でもウチは融資していますよ」というような甘い言葉を並べ、そしていざ申込みをした後で「特別なプランで無くては貸し付けができないのでプランの契約金を支払ってください」と言ってきます。
 
そこで契約金を振り込みなどで支払ったあと、実際にお金を借りようとして連絡をすると全く連絡が取れなくなってしまい、結局契約金を無駄に振り込んだだけで終わってしまうのです。このタイプの業者は闇金とは異なり電話などだけで受付をしているケースが多いのが特徴です。
 
ただ金融の業界において、実際の店舗が無いということは非常に怪しいことだとして判断しなくてはなりません。大手であって各地のATMなどを活用して貸し付けをしているというのであれば別ですが、中小で事務所も無く経営しているということは早々あることではありません。一度振り込んだ後ではお金を返してもらうことすらできないケースもありますから、こうしたタイプにも十分警戒するようにしてください。

 

タグ :

コラム 基礎知識 主婦・専業主婦

ニート・無職の人のためのキャッシング利用術~専業主婦は旦那に収入があれば借入も可能


まずはニートや無職を卒業してからキャッシング

不景気になると、会社は社員をリストラして経営を立て直さなければならないので、そのせいで職を失い、ニートになってしまった方もあるでしょうね。またリストラはされなかったけれど、事故や病気で長期療養しなくてはならず、仕方なく退職しなければならなかった人もあるでしょう。どちらの理由も無職やニートになるつもりはなかったのにと思うと、辛い気持ちになってしまいますが、仕事をしていないと、お金がなくなるのでキャッシングで苦境を乗り切りたいと思っている方もあるでしょうね。
 
ですが残念ながら、仕事をしていないニートの方の場合は、キャッシングをしたいと思っても、審査で合格するのは不可能なので、そのままではどこに申し込んでも断られてしまうでしょう。不可能を可能にするためには、まずはニートや無職を卒業してからでなければならないので、どこかで仕事を見つけるようにしてください。
 
そうしないといつまでたってもローン会社に返済能力を認められないので、派遣社員でもアルバイトでもパートでもかまわないので、安定をした収入を得ることが大切です。毎月一定の収入があれば、返済能力ありと認められるので、不合格になることはないはずです。
 
 

専業主婦なら働いていなくてもキャッシングが出来ます

仕事がどうしても見つからないけれど、結婚相手はいるという方は、専業主婦になれば、配偶者貸付という方法で消費者金融会社でキャッシングすることが出来ます。ただし総量規制の関係でご主人の年収の3分の1以内になりますし、ご主人の同意書が必要になります。ご主人に内緒で借りたい方の場合は、同意書を用意できないので、消費者金融会社ではキャッシング出来ませんが、銀行カードローンなら総量規制対象外なので、ご主人の同意書がなくても借りることが出来ます。
 
専業主婦枠のあるカードローンに申し込めば、収入がなくても審査で落とされることはないでしょう。
 
銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低いので、返済を少しでも楽にしたい方におすすめですが、審査が厳しいところが多いので、複数社から借入している場合は不合格になることもあります。審査基準はローン会社によってそれぞれ違いがあるので、合格するかどうかは、実際に申し込んでみるまではわかりません。
 

会社名・商品名 金利 限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6~14.6% 10~500万円
オリックス銀行カードローン 3.0~17.8% 800万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン
(プレミアムコース)
1.99~7.99% 10~1,000万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
みずほ銀行カードローン 4.0~14.0% 10~1,000万円
楽天銀行スーパーローン 4.9~14.5% 10~500万円
じぶん銀行じぶんローン 3.9~17.5% 10~500万円
オリックスカードレスVIP 3.0~16.6% 30~800万円
三井住友カードゴールドローン 3.5~9.8% 700万円
オリックスVIPローンカード 3.0~16.8% 30~800万円

 
それに主婦の場合は多くても50万円程度しか借りられないので、申し込むときは返済シミュレーションを試してからの方が良いでしょう。
無料で試せるうえに利用履歴は残らないので、気軽に入力するようにしましょう。
 
 

短時間でもよいので働けばキャッシングが可能になります

ニートの人がいきなり9時から5時まで働くようにいわれても、なかなか重い腰を上げられないかも知れません。しかしお金がなければ生活できませんから、午前中や午後だけでもよいので、アルバイトやパートに出るようにしてください。大体半年から1年ほど、同じ職場で勤務できれば、その人の信用が上がるので、ローン会社の審査に通りやすくなります。
 
キャッシングの利用条件は20歳~65歳前後で安定した収入のある方ですが、その収入は年間どれぐらいというのは決まっていないため、短時間でも仕事をしていれば合格しやすくなります。
 
ただし過去に債務整理を行っていたり、返済が滞っていたりするような人は、要注意人物とみなされるので、不合格になる場合があります。また複数社を利用している人も不合格になりやすいので、銀行の場合は特に難しいでしょうね。消費者金融でも大手の場合は落とされる確率が高いので、もし安定した収入を得られるようになったけど、不合格になるのが怖いという方は、中小ローン会社を利用するようにしてください。全国区ではないので、名が知られていないところばかりですが、顧客獲得のため、合格しやすいところが多いのでおすすめです。

 

タグ : 

基礎知識 お金借りる 基礎知識 主婦・専業主婦