カードローン即日

カードローン即日審査※今すぐお金を借りれる情報まとめ

ローンカードのメリットと使用する際の注意点~申込ブラックには注意する


ローンカードのメリットについて

ローンカードと言うのは申し込みをすると利用限度額と、その額に応じた金利が定められ、定められた利用限度額の範囲内で繰り返しキャッシングの利用が出来る便利なローン商品です。ローンカードは消費者金融を始め銀行などでも便利なローン商品として用意されているのが特徴です。
 
尚、消費者金融のローンカードは、限度額が500万円と言った金額になっているケースが多いのですが、消費者金融は借りやすいと言う事からも利用される人は多くいます。しかし、消費者金融の場合は総量規制が適用されるため、極度額が500万円の場合でも年収の3分の1を超える申し込みをしても審査に通る事は出来ません。
 
また、他社からの借入がある場合は注意が必要で、借り入れ可能額と言うのは年収の3分の1から借金の総額が差し引かれた額となるので、年収が300万円、借金が40万円在る人の場合は、利用出来る額の上限は60万円と言う事になるのです。この仕組みを知らずに、数社に対して短期間の中で申し込みを繰り返してしまうと、申し込みブラックと呼ばれる汚名をきせられてしまうので注意が必要なのです。
 
審査に通らない場合は、何かしらの問題が在りますので注意が必要です。
 
 

借りやすいと言っても審査が行われるのです

消費者金融は審査が甘い、借りやすいと言われています。しかし、審査はきちんと行われますので、問題が在れば審査に通る事は出来ません。
 
消費者金融の場合は総量規制が在るので、これを知らずに高額な申込みを繰り返してしまえば申し込み多数となり、申し込みブラックの状態になってしまいます。ブラックリストと呼ばれる状態は、申し込みブラックとは別の意味を持つ物で、ブラックリストの場合は自己破産をしたり、過去の借金で延滞をしたなどの金融の中での事故が問題で生じるものです。
 
審査を行う時には個人信用情報を照会しますが、個人信用情報の中にブラックリストの状態になっている事が記録されているため、審査を行う時に個人信用情報を見れば一目瞭然と言う事になるわけです。
 
これに対して、申し込みブラックは短期間に複数の金融業者に対して申し込みをしている事を意味しており、申し込みをすると個人信用情報が照会されることになり、その時点で申し込み履歴が追記されていくため、他の金融業者が個人信用情報を照会する事で、何件の申し込みをしたのかと言った事が明確になるわけです。
 
そのため、借りやすいと言っても申し込みは注意が必要なのです。
 
 

ローンカードを利用してキャッシングを行うメリットとは

ローンカードは利用限度額の中で繰り返し何度でもお金を借りることが出来ると言ったメリットを持ちます。ローンカードを申し込みすると専用のカードが発行されるケースが多いのですが、このカードを利用してATMで現金を引き出してキャッシングを利用出来ます。利用限度額の中で有れば何度でもキャッシングが利用出来るので、自分の貯金を引き出す感覚で利用出来てしまうのです。
 
そのため、使い過ぎてしまう事も在るなどの理由からも、利用する場合は返済計画をきちんと立てておくことが重要です。キャッシングはあくまでもお金を借りることで有り、キャッシングを利用する事で返済が発生します。簡単に申し込めた、簡単に現金を引き出せると言うメリットの裏には借金が増えると言うデメリットも控えています。
 
そのため、キャッシングを利用する時には返済計画を立てることが大切です。また、返済計画を立てる時に便利なのが返済シミュレーションです。返済シミュレーションを利用する場合は、月々の返済が幾らなら楽に返して行けるのかと言ったことを重視し、利用可能額を計算する方法で利用する事で借金を多く抱えずに済むなどのメリットが有るのです。
 
関連ページ:
後悔しないために知っておきたい!消費者金融キャッシングの返済方法

 

タグ :

基礎知識 その他

ローンカードについて知ろう!~即日借入可能なローンカードがあれば便利


いろんな業者が提供している

資金がないことで諦めなければならないことあります。そんな時にローンカードがあればあきらめないで済みます。当然貸金業者が定めた審査に通らなければキャッシング利用はもちろん、ローンカードさえ持つことができません。その審査で大きな影響力を持つのが、収入になります。最近は働いている人であればローンカードを持てるようになっていますので、キャッシングしたいのであれば働くことが大切です。
 
ただ、今は無職の専業主婦(または専業主婦)の人であっても、配偶者の同意があれば、お金の借入も可能であります。新生銀行カードローン レイクソニー銀行カードローンじぶん銀行カードローンみずほ銀行カードローン三菱東京UFJ銀行カードローンなどは、各銀行によって様々な条件はありますが、ある意味無職であっても、お金借入は可能です。
 
ローンカードは色んな貸金業者がキャッシングサービスを提供しています。代表的な消費者金融、そして銀行も参入しています。また借入できる業者として広義で探すのであるなら、クレジットカードもキャッシングできる枠があります。それぞれに違いがありますので、業者の形をよく理解して決めましょう。
 
一般的に言われているのが、借りやすく利息が高いのが消費者金融であり、借りにくく利息が安いのが銀行です。しかし最近は銀行カードローンに保証会社がついたことで以前よりも借りやすくなりました。幅広い人にサービスを利用できる環境になっていますので、利息が安い貸金業者を選別して、視野に入れてから貸金業者を選ぶと良いでしょう。
 
 

いつでもどこでも便利な使い方ができる

ローンカードがあるといつでもどこでも使うことができますので、非常に便利です。資金が少ないから借入をしたいというケースもあるでしょう。そんな時にATMさえあれば使うことができるのがローンカードです。
 
多くのキャッシングサービスを提供している貸金業者が提携を組んでおり、代表的な例であげるとコンビニATMでも使うことができます。資金補充のために借入するできる場所がありますので、利便性が高いカードであることがわかるでしょう。
 
また利便性が高いのは何も借入だけではありません。返済方法にしても同じです。このように提携先があるとちょっと出かけたついでに返済をしようということも可能です。また返済方法は何もATMだけではありません。
 
カードの記載されている番号がわかれば、インターネットからできる返済方法もあります。最近はネット上の会員ページが充実していますので、ネット上からでも利用することができます。もちろん返済だけではなく、キャッシングもすることが可能です。所有している銀行口座に振込みの申し込みをするだけで良いです。手数料無料で振込んでくれる貸金業者が多いですので、お得に使うことができるでしょう。
 
 

元本を見つける返済をしよう

利便性が高いキャッシング方法があることがわかったでしょう。しかしその利便性はあくまでもうまく使えた時に効力を感じるものです。お金を借り過ぎてしまって大きな問題を抱えてしまう人も多いです。キャッシングサービスを利用する際に一番気を付けてほしいのは、計画的に借りることです。これさえ守ることができれば、怖いものではありません。だからこそ知ることが大切です。
 
借りすぎると返済に困ることになります。そしてその返済の多くが利息になっています。利息は借りれば借りるほど重く圧し掛かり、しまいには毎月の返済額の半分以上が利息になっているという事実もあります。少額だけ借りている時はあまり気にならなかったけれど、借りていくほど利息が苦しめることになりますので、そのことをよく理解しておきましょう。
 
また返済時、余裕があるときに少しでも多く返しておくと良いでしょう。返済は元本が減ることで楽になっていきます。元本がなかなか減らないとその分利息を支払わなければなりません。元本を気にしながら返済していくことが大切です。特に借り過ぎてしまった人は1000円でも多く返済をしていきましょう。もちろん無理をしない程度が大切です。

 

タグ :

基礎知識 その他

どんな借り方ができるの?キャッシングの種類について


キャッシングの種類について

キャッシングと言うのはお金を借りる事を意味しているのですが、一言でキャッシングと言っても多種多彩であり、大きく分けると消費者金融系銀行系信販会社系の3つの種類に分類出来ます。
 
また、それぞれの金融機関もしくは貸金業の中には利用使途が定められているものも在れば、利用使途が原則自由(事業性は除く)と言った具合になっているものなどが在ります。
 
レディースキャッシングなどの場合は、女性専用のローン商品として用意されているもので、このローン商品についても利用使途が定められていないので自由に利用することが出来るなどのメリットを持ちます。
 
尚、信販会社と言うのはクレジットカードサービスを提供しているのが特徴なのですが、クレジットカードはキャッシュレスで買い物などが出来る便利なカードです。
このカードに専用のキャッシング枠を設けたものが信販会社におけるキャッシングの特徴と言う事になるのです。
 
また、消費者金融と信販会社のキャッシング枠と言うのは貸金業法と呼ばれる法律が適用されており、貸金業法には総量規制が適用されています。総量規制は年収の3分の1を超える貸し付けを禁じる規制で、銀行にはこの規制が無いのが特徴です。
 
総量規制とは | 貸金業法について
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html
 
 

銀行と消費者金融の審査について

申し込みをすると消費者金融と銀行はそれぞれ所定の審査を行う事になります。
一般的に銀行は金利や低く、消費者金融は金利が高いと言われており、金利が高くても審査が緩めのところで申し込みをする人も多いものです。審査のゆるい消費者金融と言えば、中央リテール、ライフティ、フクホーなどが有名です。
 
しかし、総量規制が適用された場合は年収の3分の1を超える貸し付けを受けることが出来ない事を知っておくことは大切で、年収が300万円の人が150万円の申し込みを行っても利用する事は出来ないわけです。
 
審査では、年収証明書(所得証明書)の提出が必要な場合と不要な場合が在りますが、総量規制が適用されている貸金業者の場合は、申し込み金額が50万円を超えた場合、他社借り入れ総額と申し込み金額が100万円を超える場合は必ず年収証明書類の提出が必要になります。
(⇒キャッシングと年収の関係について
 
また、申し込みを行うと個人信用情報を照会し、金融の中での事故の有無を確認します。
これはブラックリストと呼ばれる状態になっていないか、他社の申し込みが頻繁に行われていないかなどを確認する目的や、他社からの借金の有無や借り入れ総額などについて確認を行っているのです。
そのため、申し込みをする時など、正直に申込書に記載をしなければ信用を失うので注意が必要なのです。
 

キャッシングの種類とメリットとデメリット

キャッシングには色々な種類が有るわけですが、利用使途が自由に定められている事で、色々な事にお金を利用出来ると言った利点が有ります。
 
また、中にはカードローンと呼ばれるローンの種類が在り、申し込みをした時に利用限度額と金利が定められ、利用限度額の範囲内で繰り返しお金を借りることが出来ると言ったメリットを持ちます。
 
しかし、カードローンの返済方法と言うのは毎月1万円と言った具合に返済を行うようになっているため、使い過ぎてしまうと言うデメリットも在ります。
そのため、カードローンを利用する場合には毎月の支払額をきちんと把握する事、使うお金の上限を決めるなどの自己管理を行う事が大切です。
 
コンビニエンスストアなどに設置されているATMなどの場合は24時間いつでもカードローンの専用カードでお金を引き出させると言った利点が有るわけですが、いつでも引き出せると言う利便性は自己管理を徹底しておかないと借金が雪だるま式に膨らむ可能性が有ります。
それ故に、キャッシングなどお金を借りる場合の返済計画はとても重要な事であり、利便性が高いと言った利点を生かすのは返済計画を立て自己管理をして利用して行く事なのです。

 

タグ :  

基礎知識 その他