カードローン即日

カードローン即日審査※今すぐお金を借りれる情報まとめ

派遣社員が家族や職場に内緒でお金を借りれるの?


スポンサーリンク

借金をしていることを知られたくない理由とは

派遣社員として働いている人でも消費者金融からお金を借りることは出来ます。借金は法律の範囲内で行っていれば悪いことは何もありませんから、堂々と借りれば良いのですが、派遣社員の中には会社に知られたくないと考える人も多くいます。
 
以前は、派遣というと専門的な技術や知識を持っていろいろな会社で働いている人という良いイメージがあったのですが、現在のところは正社員に慣れない人が仕方なく派遣社員になっているというイメージが強いようです。派遣社員は、仕事があまりできないと契約を更新してもらえず、仕事がなくなってしまうことが多いです。
 
しかし、仕事ができて能力があったとしてもあまり評価されないのことが多いです。正社員として働いている人と比較していると、いろいろな面で条件は悪いと言わざるを得ません。劣等感を抱いている人も多くいるようです。消費者金融で借金をしていることについても、正社員には知られたくないと考える人も多くいるようです。
 
ほかにも理由はいろいろあるでしょうが、消費者金融から借りていることをほかの社員に知られたくないと考える理由は、正社員との比較の中から生まれたものだと考えられます。
 
 

知られない消費者金融を探そう

絶対に知られたくはないと言っても、その方法を見つけるのは難しく、強いて言うのなら借りないという選択肢しか残っていません。しかし、方法を選べば、まず知られることはないだろうという消費者金融ならあります。
 
具体的に言うと、モビット、プロミス、アコム、アイフルです。モビットとプロミスは、三井住友銀行の系列ですし、アコムは三菱東京UFJ銀行の系列です。アイフルは独立していますが、大手の一つとなっています。ここに挙げた消費者金融はかなり知名度も高いです。消費者金融としても、他の人に借りていることを知られたくないと考える人までターゲットを拡大したいという思惑もあって、いろいろな配慮をしてくれていますから、これらの消費者金融をうまく使っていけば、知られることはないでしょう。
 
この中で、モビットは在籍確認をせずに借りられる方法があります。在籍確認が行われてもバレないケースは多いのですが、出来るだけ慎重に手続きを進めたいのならモビットを選ぶのは良い方法です。どの方法もインターネットを利用することによってバレてしまう可能性を低くすることができます。パソコンやスマートフォンなどから申し込むと良いです。
 
 

インターネットから申し込みをする

インターネットは私たちの生活には必須なものとなりつつあると考えられます。そのメリットはというと、まず自宅から申し込みが出来ることです。店舗を探して店舗の開いている時間帯に行って手続きをするという面倒なことは必要ありません。自宅にいながらでも、外出先からでも、インターネットがあれば申し込みが出来るのです。
 
そして、条件が合えばすぐにでも振り込みの手続きが行われます。その審査の時間についてですが、最短で30分となっているところもあります。モビットがバレにくいと言うことは前述しましたが、モビットを利用するのならウェブ完結申し込みが良いです。名前からも分かるように、インターネット上で手続きがすべて完結します。
 
書類のやりとりもありませんから、郵送物でバレることはないでしょう。保険証や所得証明書などがあれば、在籍確認もありませんから、バレてしまう可能性は非常に低いと言えるでしょう。ほかの消費者金融では在籍確認が行われることがありますが、それさえ乗り切ってしまえば知られることはまずありません。例えばスマートフォンでアクセスすれば、メールでやりとりしますから、知られようがないのです。

 

基礎知識 お金借りる

奥さんが多重債務者の場合、旦那はキャッシングの審査に落ちるの?


スポンサーリンク

旦那さんが落ちた原因は奥さんの借入に影響があるのか

夫婦で共働きをしている人は多いものですが、奥さんも正社員で安定した収入があり、カードローンを利用しているケースも少なくありません。
 
また、奥さんは正社員で働いていて、旦那さんは自営業と言うケースもありますが、正社員で働いている人と比較をした場合、自営業の場合は収入が必ずしも安定しているとは言えません。しかしながら、両者ともに働いているので夫婦の収入としては安定しており生活においても余裕がある場合、旦那さんがカードローンの申し込みをした場合、審査に落ちてしまうケースが有ります。
 
落ちる理由は何処にあるのかと考えた時に誰もが考える事は、奥さんが利用しているローンではないかと言う事です。旦那さんは自営業ではありますが、収入があるので落ちると言う理由には結びつきませんが、奥さんが利用しているローンの返済などで遅延が起きていたり、多くのお金を借りると言ったことをしていると落とされてしまうのではないかと感じる人もいるかと思われますが、個人向けローンと言うのは個人対個人が基本となるため、仮に奥さんが借入を行っていたとしても、旦那さんの審査に影響する事は無いため、落ちた原因と言うのは旦那さんの方にあると言う事です。
 
 

妻の借入は関係なく申し込めますが借入状況にもよります

カードローンを申し込みする場合、奥さんに借入があると、旦那さんの借入が出来ないと言うケースがあるのかと言う事なのですが、個人向けローンは本人に問題がなければ借入が可能ですし、仮に奥さんが借入をしていても、カードローンは個人に対する信用調査が行われるので問題なく借入する事が出来ます。
 
また、奥さんの借入額が大きい場合でも、きちんと返済をしていれば問題はありませんし、返済が遅れているケースがあったとしても信用調査と言うのはお金を借りる人に対する調査となるので、奥さんの借入状況は無関係と言う事になります。但し、奥さんが多重債務で申し込みブラックの状態になっている場合は問題が生じる事もあります。
 
申し込みブラックは審査の可否に関係なく、申込み履歴が多数残っている場合で、信用調査を行った時に同一住所内にブラックの情報が掲載されている家族がいると問題視されることもあります。特に任意整理などを行った場合はブラックリストに掲載されることになり、金融機関の中には家族にブラックリストに掲載されている人がいる場合は借入が出来ないケースもあるので注意が必要ですし、借入の手続きが出来たとしても、利用限度額が低くなるなどの制限がかかるケースもあります。
 
 

借入れ条件には安定した収入が基本として存在しています

お金を貸す側としては、貸したお金が借金として残るので、返してくれる能力を持つ人に融資をしたいと考えます。返す事が出来ないと借金は大きく膨らんでしまい、多重債務になるケースもあります。返す能力と言うのは返済能力で有り、この能力の指標となるのが収入と言う事になります。
 
但し、収入と言っても様々で、1日だけ働いて得る現金も収入ですし、1カ月間働いて得る現金も収入と言う事になります。金融機関が申込み条件の基本としていることは安定した収入であり、安定した収入が継続している事で、返済能力があるとみなします。
 
自営業の人の場合は、収入が在ったとしても毎月売り上げなどが変わるので必ずしも安定しているとは言えませんので、申し込みをする時の希望額を多くしてしまう事で審査に落ちてしまう事もあります。また、金融機関は正社員で働いている人の収入を基準として考えた場合、自営業の収入は不安定とみなすケースが在るため、審査に落ちてしまうケースが多くなると言う事です。
 
因みに、銀行の中には専業主婦が申し込めるカードローンを用意している金融機関がありますが、専業主婦は無職になるため、配偶者の収入で融資を行う否かが決まります。

 

基礎知識 お金借りる審査

ろうきん(労働金庫)と消費者金融(サラ金)~お金を借りるならどっち?労金は総量規制外


スポンサーリンク

労働金庫とサラ金の違いについて

労働金庫のことを略して「労金(ろうきん)」と呼びますが、労働金庫と言うのは労働者のための福祉金融機関で、労働組合などの団体組織が出資をしているのが特徴になっており、労働者であれば年齢などの条件を満たすことで利用する事が出来ます。また、低金利など金利面において優れているのが特徴です。
 
(参考)全国労働金庫協会(ろうきん協会):お近くのろうきんをご紹介します
http://all.rokin.or.jp/
 
サラ金と言うのはサラリーマン金融の略称でこの様に呼ばれているのですが、サラ金は簡単に言えば消費者金融会社など貸金業者をこのように呼んでいます。労働金庫とサラ金では運営における法律が異なるのが特徴です。
 
尚、現在ではサラ金と呼ぶケースは少なく、消費者金融と言う呼び方で呼ばれるケースが多くなっています。また、労働金庫でもサラ金でもお金を借りると言う事は借金を作ることには変わりありませんが、低金利のローンを利用する事で返済時の利息が減るメリットや利息が減ることでサラ金よりも支払額を減らせるメリット、短い期間で借金を全て返せるなどのメリットがあります。
 
尚、現在のサラ金でもある消費者金融は貸金業法が改正されたことで、利息制限法の上限を超えない金利設定、多重債務に陥る人を出さないための総量規制などの施行が行われています。
 
 

労働金庫は借り換えも可能になっています

ATMやインターネットが普及したことで、カードローンの申し込みをする時もネット申し込みが出来たり、自動契約機を利用する事でお店の人と対面する事無く契約が可能になっています。また、ATMは窓口に行かなくても現金を引き出したり預入したりすることが出来るわけですが、窓口の場合は営業時間が在るのに対し、ATMの中には24時間何時でも利用できるケースも在り、急にお金が必要になった場合など、カードローンの契約を交わしておけばいつでも引き出して利用できるなどの便利さもあります。
 
消費者金融の場合は総量規制があるので、利用できる金額の上限は年収の3分の1以内となります。また、他社からの借入がある場合は利用できる金額は下がることになりますが、労働金庫には総量規制が無いので年収の3分の1を超える融資を受ける事も出来ると言う事です。尚、他社からの借入れがある場合は、返済能力に応じて審査に通らない事もありますので注意が必要です。
 
また、金利面において労働金庫は低くなっているのが特徴で、消費者金融からお金を借りている場合は、借り換えをすることで月々の支払いに含まれる利息を減らせると言ったメリットもあります。
>>おまとめローンと借り換えキャッシングの違いについて
 
 

上手に使う事でゆとりの生活を与えてくれます

労働金庫では他社からの借り換えの受け入れが出来るケースもあります。現在消費者金融からお金を借りている場合など、借り換えが利用出来れば月々の返済も現在よりも楽になりますし、生活に余裕が生まれる事になります。
 
消費者金融の最大利息は年利18.0%になっているケースが多くありますが、労働金庫の場合の最大利息は年利10%以下になっているケースが多くあります。二つの利率の差は8%になりますが、50万円を借りた場合は、年利18.0では50万円×18.0%÷365日×30日=7,
398円
、年利10.0%では50万円×10.0%÷365日×30日=4,110円となるので、この差は3,288円と言う事になり、労働金庫の借り換えを利用すれば月々3,288円の節約にも繋がる事になります。
 
また、借り換えだけではなく最初から労働金庫のカードローンを利用することで、月々の支払いの含まれる利息が少なくなるので、早く返し終える事が出来るなどのメリットにも繋がります。
 
借金は長く抱えてしまう事で、より多くの利息を支払う事になるので上手に利用する事で生活にゆとりが生まれる事になります。尚、利用する場合は使い過ぎに注意する事が大切で、月々幾らなら返せるのかを考えて申し込みをすることが大切です。

 

基礎知識 お金借りる

信用金庫のカードローンの特徴~信金カードローンの審査基準とは?


スポンサーリンク

信用金庫のカードローンとは?

「地元の信用金庫のカードローンに申し込もうと考えています。今まで銀行は利用したことがあるけど、信用金庫はありません。そもそも信用金庫ってなんでしょう?」という人は案外多いのではないでしょうか。
 
銀行は株式会社であり、利益優先ですが、信用金庫は会社の利益よりも地域社会の利益が優先されます。銀行でも地域密着型の地方銀行がありますが、信用金庫は地方銀行よりもさらに地域に根付いた金融機関です。根拠となる法律も異なります。銀行では銀行法が適用されますが、信用金庫では信用金庫法が適用されます。ちなみに消費者金融にはみなさんご存知の通り、貸金業法が適用されます。
 
このような違いがありますが、一般消費者にとってはそれよりも、「金利はどうなの?」、「審査に通るの?」ということのほうが気になる点だと思います。金利は金融機関によって様々ですが、銀行カードローンにも負けない低金利になっているところもあります。審査についても、それほど厳しくはないようです。
 
信用金庫では窓口へ行って対面で申し込みをしなければなりませんが、その分インターネットで書面だけの審査をする金融機関と比べたら相談がしやすいと言えます。自営業の人や、地域に貢献していいる仕事をしているのにメガバンクなどでは理解をしてもらえないという人などは融資を受けやすいと思います。
 
 

信用金庫でお得意様になる方法

信用金庫は地方銀行以上に地域に根付いた金融機関ですので、お得意様になっておけば融資を受けやすくなります。信用金庫の口座を給与振込み口座にしていれば信用が得やすいですが、給与振込口座は会社指定の銀行でなければならないことも多く、なかなか難しいかもしれません。
 
公共料金の引き落とし口座にするとか、少額でも定額預金の口座を作るとか、いろいろと方法はあります。少なくともその信用金庫の口座は作っておいて、コツコツと貯金をしておくくらいのことはしておくと、なにもしていないよりははるかに信用につながるでしょう。
 
また、すでにその信用金庫のローンを利用しているなら、きちんと完済した実績を積んでおくこともかなり信用が上がるポイントになります。ローンを利用している人の中には、期日を守って返済してさえいればよいと思っている人がいますが、実はただ期日を守っているだけでも信用につながらないこともあります。
 
例えば100万円を借りていた場合、10万円を返済したらまたすぐに10万円を追加融資をして、なかなか借金が減らないようなケースです。金融機関では完済をした実績が高く評価されるということを覚えておきましょう。期日を守って返済していても、いつまでも完済できないでいるとあまりよろしくありません。
 
 

信用金庫の審査に通過する方法

今までその信用金庫との取引がいっさいなかったという人でも、諦める必要はありません。実は、信用金庫の審査は、銀行や消費者金融などのそれとあまり変わりはありません。すなわち、年収、勤務形態、勤続年数、個人信用情報、他社からの借入状況などが重要ポイントとなります。
 
最も重要なのが、働いていて収入を得ていることです。信用金庫では信用金庫法が適用されるので、総量規制はかかりませんが、それでも年収の3分の1程度が目安だと思っておくとよいでしょう。信用が築けていない最初のうちは年収の1割程度しかお金を借りることができない場合もあります。
 
また、他社からの借入が多い人は要注意です。同じ100万円を借りている場合でも、1社から100万円を借りている人と、5社から20万円ずつ借りている人では圧倒的に後者の人が不利になります。借入件数が多い人はおまとめローンなどをして借入件数を減らしておきましょう。
 
今までその信用金庫との取引がなかった人は、まずは少額でもいいのでローンを利用してみて、良好なクレジットヒストリーを築いていくことを重視しましょう。信用を築いていくことができれば、いざというときに高額なお金を借りられる可能性が高くなります。

 

基礎知識 お金借りる審査

66歳や67歳の人でもキャッシングでお金は借りれるの?


スポンサーリンク

一般的なカードローンの申し込み年齢について

カードローンは審査を受けた時に利用可能額が定められて、利用可能額の範囲内でお金を借りる事が出来る便利な個人向けのローンです。銀行や消費者金融などに便利なローンが用意されているのですが、大半のローンは年齢が満20歳以上から上限は65歳以下と言った制限が設けられている事が多くあります。
 
また、会社によっては60歳以下としているケースもありますが、60歳と言うのは会社員の場合であれば定年を迎える年齢で、定年後は仕事をせずにのんびりと暮らしたいと考える人もいます。お金を借りると言う事は借金を作ることになるため、返済が出来るための収入が必要です。
 
そのため、金融会社の多くは定年を迎える60歳や再雇用が行われた場合の65歳を上限にしていると言う事です。尚、再雇用と言うのは同じ企業の中で引き続き仕事をして行くと言う事になりますが、人によっては定年を迎えた後に他の仕事に就く人もいます。
 
再雇用の場合は65歳までになっているケースが多いのですが、再雇用を選ばずに自ら他の仕事をする場合は、働けるまで働きたいと言うケースが多くあるのが特徴です。しかしながら年齢制限が65歳になっている場合はカードローンの申し込みが出来ない事になるわけです。
 
 

年金受給者も申し込みが可能な金融会社があります

定年を迎えると年金受給者と言う形になります。公的年金は老後の生活費と言う事になるわけですが、定年を迎えた人でもたまには旅行に出掛けたり、美味しいものを食べに行きたいと考えるものです。このような時に、自由に利用出来るお金があれば生活にもゆとりが生まれますし、楽しみも増えるわけです。
 
年金受給だけで融資を受けることが出来る金融機関には信用金庫があります。信用金庫の個人向けローンの中には年金受給者でも申し込みが出来るカードローンが用意されていたり、年金受給者専用のローンを用意している信用金庫もあります。
 
また、年金受給者専用のローンの中には65歳以上から申し込みが出来て、上限は70歳や75歳まで可能としているケースもあります。更に、アルバイトなどをしている人などの場合は、年金受給以外にも収入が見込まれるので審査を受けることでお金を借りる事が出来ます。因みに、年金というものは収入として見なす金融機関も有れば、収入として見なさない金融機関もあります。
 
しかし、申し込み年齢が70歳や75歳までとなっている金融機関は多くありますし、一定の収入があれば申し込みが出来る金融機関も多数あります。
 
 

67歳でも申し込みが出来るカードローン

以前であれば、定年退職後は年金や退職金を利用して余裕で暮らす事が出来たと言います。しかし、現代は年金の受給年齢が上る傾向にありますし、年金の受給金額も減少しているなど、年金や退職金だけでは安心した暮らしがし難くなっています。
 
また、医療費も増加傾向にあるので、高齢を迎えることでより不安な状態になるなど、いざと言う時のためのお金の確保が欲しいと言う人も少なくありません。ある程度の貯金をしているけれども、年齢を重ねることで入院をしなければならなくなるケースも出て来て、緊急時にまとまった現金が必要になります。
 
金融機関の中には公的年金などを審査の対象としての融資を行ってくれる所もあります。公的年金は定年退職後60歳を迎えた時から需給が出来るものですが、生涯受け取ることが出来る1つの収入と言う事になります。
 
尚、申し込みは可能になったとしても、年金で借金の返済を行う形になるので、無理のない返済計画を立てて利用する事が大切です。
 
また、公的年金と言うのは、生活のための給付金と言う事からも、借金を多く抱えてしまうと生活が出来なくなる可能性もありますので、利用される場合は計画的に使う事が大切です。

 

基礎知識 お金借りる

仮審査(診断)に通っても本審査で落ちてしまった場合の原因を探る


スポンサーリンク

必要事項を記載して融資が可能かどうかをチェックする事が可能

カードローンの申し込みをする時、融資が可能かどうかをチェックする事が出来る金融機関が多くあります。これはインターネットを使って申し込みをする際に、事前に必要事項を記載する事で、数秒で融資が可能になるのがどうかを知ることが出来るようになっているものです。
 
融資が可能かどうかと言うのは、申し込みをする人にとってはとても重要な事ですが、僅か数秒で結果が解るので、融資が可能と言う事が解れば安心です。また、融資が可能だと言った結果を貰えれば、契約を交わす事で融資が可能となりお金を借りる事が出来ますし、最近は即日融資を可能にしている金融機関が多くあるので、急いでいる時でも安心です。
 
しかし、融資が可能と言う結果が出たのにも関わらず、申し込みを行ったら審査に通らないと言うケースもあります。最初に確認をした時は融資が可能だと言う結果が出ても、申し込みをしたら落とされてしまうと言うのはどこかに問題があると言う事でもあるわけです。
 
また、申し込み前に行う融資が可能かどうかの判定と言うのは、コンピュータが判定を行っているもの(スコアリング)で、人がチェックをしているわけではありません。更に、入力する情報は年収、借金の有無、借金の総額と言った情報になっているのが特徴です。
 

本審査で落ちてしまう理由を考える

金融機関のホームページの中には、現在の年収や雇用形態、借金の有無や借入総額などの情報を入力する事でカードローンの利用が出来るかどうかをチェックする事が出来るようになっています。このチェックを行うことで融資が可能と言った判定が下されることで正式に申し込みを行うと本審査が行われることになります。
 
しかし、最初に行ったチェックでは融資可能と言う判定が下りても、本審査で落ちてしまう事もあります。と言うよりも、最初に行うチェックで融資が出来ないと言うケースは年収に対しての他社借入が多い場合などであり、融資を行う側はきちんと返す事が出来る能力があるのかと言ったことを判定していきますので、既に債務を多く抱えている場合は支払い能力が無いと判断されてしまうと言う事です。
 
尚、最初に行う融資が可能かどうかのチェックと言うのは、申し込みをする人が入力した情報を元にして、コンピュータが判定を下しているもので、最初に融資が可能と言う結果が出ても、後の本審査で落ちてしまう事も在ると言う事です。落ちるのには何らかの理由が有るからなのですが、どのような理由で落ちてしまったのを確認しておかないと、他の金融機関に申し込みをしても同じような結果になることも少なく有りません。
 
 

カードローンの申し込みで落ちてしまう理由について

申し込み前の時は融資が可能と言った判定が下りていても、後から融資が出来ないと言う結果が出てくれば誰もがショックを感じてしまいます。しかし、落ちてしまうのには何らかの理由があるからなのですが、落ちる原因と言うのは大きく分けると4つ存在しています。
 
まず、1つ目は過去に遅延や申し込み多数と言った自分の信用情報に傷をつけてしまっているケース、2つ目は申し込みをする時には希望額を記載するのですが、この希望額が高額の場合や、年収に見合っていない金額で申し込みをしたケース、3つ目は他社借入があるケース、そして4つ目は勤務先の勤続年数が短い場合や、度々転職を繰り返しているケースなどになります。
 
融資を行う側と言うのは、信用がある人に対して融資を行いますが、信用が得られない人に対しては融資を断ることが多くあります。信用情報に傷がついている状態や、自分の返済能力を考えずに高額な希望額を提示する事、借金が多くあって申し込みをすると言うのは、返済を行う目的で融資を受けたいと融資する側は考えます。
 
また、勤続年数が短くても転職回数がそれほど多くは無ければ信用できますが、度々の転職を繰り返している場合は信用にマイナス評価が付いてしまうと言う事です。

 

基礎知識 お金借りる審査

カードローン増額審査~増額希望の電話回数は何回までOK?


スポンサーリンク

カードローンの増額とは

カードローンは消費者金融や銀行、信用金庫などが個人向けのローンとして用意しているカード型のローン商品で、専用のカードやキャッシュカードにローン枠が設けられ、ATMを利用していつでも好きな時にお金を借りる事が出来ます。
 
但し、借りる事が出来る金額は利用限度額として定められているので、利用限度額を超えての借入をする事は出来ません。この利用限度額は使用している中で上がることもあれば下がることもありますが、上がる分には良くても下がってしまえば使える金額が少なくなってしまいます。
 
また、利用限度額は金融機関から増額のお知らせを貰って上がることもあれば、自ら電話などを利用して増額の希望をする事も可能になっています。増額する事で今よりも多くのお金を借りる事が出来るため、まとまった現金が必要になった時でも安心です。
 
尚、増額の電話は1度行って断れてしまった場合、立て続けに行うと増額をしなければならない状況に陥っている、他社などの借金返済に困っているのではないかなど、金融機関側は深読みしてしまうケースもあり、これがきっかけで信用情報に登録が行われてしまうケースがあるため、1カ月に1度から2か月に1度と考えておく必要が有ります。
 
 

増額の申し込みは申し込み履歴が残されます

1週間の中で2回から3回、1カ月の中で2~3回と言った具合に増額の希望の電話をすると、金融機関は問題があると判断する事もあります。例えば、他社からの借入がある場合、その返済が難しくなっているので、何とかして増額をして借り入れたものを利用して返済に充てようとしていると言ったことを考えるようになります。
 
増額の申し込みは個人信用情報に申し込み履歴として保存されて行く事になるので、新しくカードローンの申し込みをする場合、他の金融機関が増額申し込み履歴を見た時に、頻繁に申し込みをしている事を知れば審査に通す事はなくなるため、新しいローンを組むことも難しくなります。
 
また、この申し込みの履歴と言うのは半年ほど保存されるため、頻繁に申し込みをしてしまえば半年間は何処からも融資を受けることが出来なくなってしまいますし、既存のローンの利用限度額が逆に引き下げられたり、利用停止になるケースもあります。
 
因みに、利用限度額の増額は金融機関からお知らせを受けて増やす事も出来ます。月々の返済をきちんと行っていて、適度な利用をしている場合、申し込みをしてから1年以上経過した時にお知らせを貰える事もあります。
 
 

利用限度額は上下する事もあります

カードローンの利用限度額と言うのは申し込みをした時の審査により決められているもので、利用限度額は一度決まるとそのままと言う事は無く、上下する事もあります。
 
例えば、ローンの手続きの中には更新手続きが有りますが、更新は自動更新と言っても、他社での利用残高をチェックするなどの審査が行われて継続して利用出来るようになっています。これは信用情報を照会する事で利用者に問題が無いかと言ったことをチェックするのですが、他社のローンの利用状況などもチェック出来るようになっており、問題が生じている場合は要注意とみなされてしまいます。
 
また、他社での借入残高が増えている場合など、現在利用中のローンの利用限度額が減ることもありますし、信用情報の中で返済の遅延が繰り返し行われている場合は、支払い能力が無いとみなされてしまうため、利用限度額が減少してしまう事もあります
 
尚、定期的な信用情報の調査を行うため、この時に他社の借金で金融事故が生じた場合など、現在利用中の融資が停止してしまうケースもあるなど、複数のカードローンを利用している場合は、1社だけではなく取引中のすべての利用限度額などに影響を及ぼす事もあります。

 

基礎知識 お金借りる審査

みずほ銀行カードローンの増額審査は難しいの?


スポンサーリンク

借金は持たない事が鉄則ではありますが

借金は作らない事が鉄則ではありますが、急にお金が必要になることもあるので、カードローンのカードを契約しておけば安心と言う人は多いものです。ATMを利用して現金を引き出して利用できるのがカードローンの特徴でもあるため、急にお金が必要になった時など、身近な場所にあるATMを使えば現金を借りる事が出来るわけです。
 
尚、ローンの申し込みをする時には自分の状況と申し込み説明書に記載されている申し込み対象者を照らし合わせ、条件にマッチしているかを確認しておくことが大切です。例えば、年齢の条件はクリアーしているのか、パート収入だけどお金を借りる事が出来るローンなのかと言った具合に、様々な条件に付いてチェックをして申し込みをすることが大切です。
 
尚、みずほ銀行には最大1000万円のローン融資をして貰う事が出来るカード型のローンが用意されています。最短即日融資が可能になる事、来店が不要で郵送も不要と言ったWEB完結申し込みが出来ます。また、限度額が200万円までは収入証明書が不要になるなど、スムーズな借入が可能になるのが特徴となっています。
 
尚、みずほ銀行では月々の支払いをきちんと行っておくことで増額のお知らせを貰う事も出来ます。
 
 

増額のお知らせを貰える人の条件

増額と言うのは、現在の利用限度額を増やすことを意味しています。利用限度額が増える事で大きな買い物をしたい時や旅行に出掛ける時の旅費などにも役立つ存在になってくれますし、利用限度額が増える事で利息を減らせることもあります。
 
みずほ銀行の場合、10万円以上100万円未満では14.0%、100万円を超えた場合は金利が12.0%になります。そのため、100万円以下の利用限度額だった人が増額する事で100万円を超える事になるので、基準金利が低くなるため、月々の支払いに含まれる利息を減らせると言うメリットもあります。
 
しかし、増額のお知らせを受ける事が出来る人と言うのは、月々の支払いをきちんと行っている事などが重要な鍵を握ります。支払は月々決められた時に行う事になりますので、基本的なルールを守って利用を続けている人が増額のお知らせを受ける事が出来るわけです。これは返済実績とも呼ばれているもので、実績を積む事で銀行側も優良な利用者であり、融資額を膨らましてくれるということです。
 
尚、実績は申し込みをして利用開始してから最低でも半年以上は必要で、1年以上経過している事で実績が積み上げられることになります。また、利用実績も必要で、定期的に必要額を利用している事で増額のお知らせを受ける事が出来ます。
 
 

返済実績と借入実績があることが大切

増額をして貰える人と言うのは、定期的にカードローンを利用していると言う借入実績があります。カードローンの契約は交わしたけれども1年間一度も使わないと言う人は借入実績がゼロになるので増額のお知らせというものを受ける事はありません。
 
また、借入実績があっても、返済が1日や2日など遅れて支払いをすると言う返済実績が悪いと増額のお知らせを受ける事が出来ませんし、支払が大幅に遅れてしまったり、1~2日遅れの支払いを数回繰り返している場合などではカードの利用停止になるケースもあります。尚、この二つの実績を積んでいくことで、みずほ銀行から増枠案内が届きます。
 
増枠案内は、電話でお知らせを貰えるケースもあれば、メールで届くケースも在りますし、みずほ銀行のATMを利用した後に表示される画面の中に、「お客様の限度額は幾らから幾らまで増枠が可能です」と言ったメッセージで増枠の案内が届くことも在ります。
 
因みに、増額する場合には審査を受ける事が必要となりますが、みずほ銀行の場合は増枠のお知らせが届いた時には既に増額の審査が終了しているケースが多いため、契約を行う事で利用限度額を増やす事が出来るようになっています。

 

基礎知識 お金借りる審査

キャッシング審査に与える金融事故歴の影響について


スポンサーリンク

事故歴は自動的に消滅するまでの間は大きな影響を与えます

お金を借りる時の審査では信用情報機関が管理を行っている個人信用情報を照会して申し込み者の信用度をチェックして融資を行うか否かを決めることになります。個人信用情報に延滞などの金融事故歴があると、カードローンの審査に大きな影響を与えることになります。
 
但し、金融事故歴は生涯残るものではなく、金融事故の内容により5年から7年後には自動的に消滅するようになっています。
 
また、金融事故歴には自己破産や個人再生などの債務整理をした場合、延滞をした場合、遅延をした場合など、何らかの理由で返済が困難になった場合に起こるもので、金融事故歴がある場合は融資を行ったとしても同じように金融事故を起こすリスクがあるため申し込みが行われても断る金融機関が多いわけです。
 
尚、先ほども説明を行ったように、個人信用情報の中に記録されている金融事故歴は一定期間の中で残されているのですが、自動的に消滅するため、記録が無くなることで申し込み、審査、そして融資実行と言う流れでカードローンを利用する事が出来ます。因みに、自己破産や個人再生などの債務整理の場合は、官報に掲載されることからも、銀行や消費者金融、信販会社全ての金融機関での申し込みが出来なくなります。
 
 

信用情報の事故歴が消えても借りる事が出来ない

金融事故歴はいわゆるブラックリストに掲載された状態を意味しています。自己破産は破産申し立てを行うことで裁判所を利用して手続きを進めるもので、裁判所が免責を下す事で債務の支払いが免除されます。裁判所で決定した事項は国が発行をしている情報誌の官報に掲載が行われ、国内にある3つの信用情報機関が官報情報を共有化するため、銀行や信販会社、消費者金融全ての金融機関での断れることになります。
 
一般的に官報に掲載されると、金融事故歴は7年から10年は残ると言われています。これは信用情報機関が管理をする期間が異なるからだと言われているのですが、1社は7年目で自動消滅となっても2社が10年目で自動消滅と言う形になれば、当然申し込みをしても記録が残されているので借りる事が出来ないと言う事です。
 
因みに、金融事故歴があっても融資を行う金融業者が有りますが、これはヤミ金業者の可能性が高いので、利用すれば借金だけが増えてしまう事になりますし、ヤミ金業者は申し込み者の情報を業者間で共有化すると言われており、頼んでもいないのに他の業者から融資が行われるなど、泥沼の状態になるので注意が必要ですし、再び破産をしなければならなくなるケースも出て来ます。
 
 

申し込みブラックも要注意です

ブラックリストと言うのは自己破産や延滞などの金融事故歴の事を意味しているのですが、金融事故歴が在る場合に申し込みをしてもお金を借りる事は出来ませんし、クレジットカードを作ることも出来ません。これは信用情報機関が情報を共有化するからで、何処に行っても断れることになります。
 
ここで注意をしなければならない事は、申し込みをすると必ず個人信用情報を照会する事になると言う事です。また、個人信用情報が照会された事で、照会の記録が残されます。何時申し込みが行われたのかと言った記録がその都度残ることになると言う事です。
 
例えば、1週間の中で毎日どこかの金融業者に申し込みをして断れたとしますと、営業日は5日間と言う事になるので、5回の申し込み記録が残ることになります。短期間で5回の申し込みをする人と言うのは、かなりお金に困っていると言う判断が下されてしまいますし、融資をする側としても他で断れているのには何か問題が在ると考えます。
 
ここで金融事故歴があれば問題点を知ることが出来るわけです。短期間で複数の金融機関に対して申し込みをしたことを申し込みブラックと呼んでおり、このような状態になった場合は申し込みをしても審査に大きな影響を及ぼす事になるので注意が必要です。

 

基礎知識 お金借りる審査

年収200~300万円の低年収の人でもキャッシング審査には可決するの?


スポンサーリンク

年収の金額よりも支払能力が重視されます

銀行のカードローンの中には、勤続年数が3年以上必要なケースや、正社員として働いていないと申し込みが出来ない個人向けローンもあります。しかし、年収がいくら無ければ申し込みが出来ないと言った条件を掲げている金融機関は殆どなく、低収入の場合でも安定した収入と継続収入が証明できる事でお金を借りる事が出来るようになっています。
 
また、少額のローンの場合は収入証明書類の提出が不要になっているなど、自己申告を行う事で審査が行われ、利用限度額が定められた形で融資を受ける事が出来ます。因みに、年収が300万円の人が最初から300万円の申し込みをしても、支払能力が無いと判断されてしまうので審査に通ることは難しくなります。
 
例えば、20万円や30万円と言った少額の金額の場合などでは、月々の支払いもそれほど無理をしなくても返して行くことが出来るため、希望額を少額にしておけば融資をして貰う事が出来るようになります。
 
また、お金を借りる事で借金を作る事になるわけですが、借金は長く持っていると利息の支払いが多くなり、支払総額が高額なものとなりますので、少額を申し込んで使った分は早めに返すと事を心掛ける事も大切です。
 
 

銀行のカードローンの審査について

銀行のカードローンは金利が低い反面、審査が厳しいと言われています。基準はそれぞれの銀行毎に様々なのですが、融資を行う側は貸したお金を、利息をつけてきちんと返すことが出来る能力を重視するため、収入が多い場合や少ない場合に関係なく、融資をしてくれます。
 
しかし、融資を行う金額と言うのは、支払能力に見合ったものとなるので、年収が300万円の人に対して300万円の融資をすることはありませんし、年収が300万円なので融資額は10万円と言う事も有りません。
 
また、定職についていない人などに対しての融資を行っている金融機関も多くあります。例えば、アルバイトやパートをして収入を持つ人なども申し込みが出来るようになっています。アルバイトやパートは定職に就いているわけではないのですが、それでも収入があることで支払い能力があると判断されることになるので申し込みが出来ると言う事です。
 
尚、借金を持っている場合は支払い能力がどれだけ残されているのかにより融資が行われるかどうかが決まって来ます。また、他社からの借入を持つ人の中でも、支払が度々遅れると言った事実が判明する事で収入の額に関係なく審査に通り難くなります。
 
 

低収入の場合でも融資が可能になります

申し込みが出来る人は安定した収入と継続収入があり、返済能力を有する人と言うのは何処の金融機関も共通している基本的な申し込み条件です。これに加えて年齢制限がありますが、一般的には65歳以下としているケースが多く在ります。
 
65歳と言うのは60歳で定年を迎えた人が再雇用で65歳まで働くことが出来る企業が多いことからも、65歳以下に設定しているのですが、60歳を過ぎる事で給料が減るケースや、再雇用を受けずに余生を楽しみたいと言う人もいるため、金融機関の中には60歳以下に設定しているケースもあります。
 
尚、信用金庫などの場合は年金受給者を対象にした個人向けローンを用意している所も多くあるのが特徴で、この場合の年齢制限は70歳や75歳と言うのが多くあります。
 
銀行の場合も年金受給者でも申し込みを可能にしている所も在りますが、銀行の場合は年金受給のみでは申し込みが出来ないケースが多く、収入がある程度ある人を対象にしており、年齢も70歳未満を対象にしています。尚、年齢が高くなる事で収入が激減するケースがあります。再雇用を受ける場合、従来よりも年収が減ってしまう事も有りますが、低収入の人でも融資を受ける事は可能になるのです。

 

基礎知識 お金借りる審査