カードローン即日

カードローン即日審査※今すぐお金を借りれる情報まとめ

カードローンを活用した新車や中古車の購入について~マイカーローンや自動車ローンとの比較


スポンサーリンク

車を購入する場合に利用できる方法とは

新車や中古車の購入には、貯金などで一括支払いができる場合を除いては、そのほとんどでローンを活用することになります。
(⇒車を購入する時のお金は~頭金を用意するか?フルローンか?マイカーローンに関して
 
ローンにも種類があり、それは、新車や中古車の購入に特化したマイカーローンやディーラー等の購入先で提供される信販会社を活用した、いわゆるディーラーローン、また、使用目的を限定としないフリーローンやカードローンがあります。
 
一般的に多く用いられているのはマイカーローンとディーラーローンになりますが、マイカーローンでは金利が低い反面審査内容が他に比べて厳しい場合が多く、ローンを組むことができないこともあります。また、ディーラーローンでは購入先によっても金利に幅があったり、購入した新車や中古車がローンの完済までは個人名義とならないことから活用しにくい面もあります。

金利比較

自動車ローン
・ちばぎんマイカーローン(2.350%~2.550%
・東京都民銀行 マイカーローン(2.600%~2.700%)
・横浜銀行マイカーローン(2.100%~3.900%)
・しずぎんマイカーローン(2.400%~4.400%)
・常陽マイカーローン「JOYO車」(2.700%~4.975%)
 
ディーラーローン
・東京トヨペット(7.80%)
※借入金額300万円の場合
 
そして、消費者金融等で提供をしているフリーローンに関しては、総量規制が適用されるために、新車や中古車といった金額が高い商品の場合には借入を行なうことが難しくなる場合も多く、また、金利にも高いものがあるために選びにくいという側面があります。
 
その点、銀行で発行されるカードローンは総量規制対象外であることや金利においても若干低く抑えられていることから利用しやすい商品ということが言えます。
 
 

条件と融資額について

新車や中古車の購入をする場合にはマイカーローンやディーラーローンの使用が一般的となりますが、何らかの事情で融資が行われない場合には他の方法を活用することになります。その中の1つにカードローンがありますが、カードローンは様々な金融機関で提供されており、借入を行う場合にはそれぞれで提示されている条件をクリアする必要があります。
 
まず、融資の極度額に関しては金融機関によっても違いがあり、概ね、500万円程度を多く見ることができます。カードローンでは申込金額が100~300万円未満の場合などでは収入証明書を不要としている金融機関も多く、また、審査をクリアした場合は翌日には融資に応じてくれるところもあります。
 
但し、注意をしなければならないのは、そのほとんどが保証会社を通して審査判断を下していることがあり、ここでは、個人信用情報機関から情報を入手して融資に対しての可否を行なっています。
 
特にカードローンでは保証会社が系列となる消費者金融会社となっている場合も多く、最終的には消費者金融会社からのキャッシングを同じ内容の審査を受けることになります。そのために、基本的な条件はもちろんのこと、他社からの借入状況や、特に事故歴などはより注意して審査が行われることになります。
 
 

借入する場合、審査の注意点とは

車の購入に何らかの事情でカードローンを利用する場合には注意が必要となります。カードローンはその使途目的は条件となっておらず、当然、車の購入にも活用することができますが、一番の問題点としては、その支払い方法にあります。
 
通常、消費者金融などのキャッシングの場合には毎月の返済額を自分で決めて行うことができますが、ここではローン会社側で返済額を決め、また、その内容が個定額で行われます。そして、大きな注意点としては、ローンの多くは残額リボ払いの方式となっているために完済までの非常に長い期間を要することがあります。
 
例えば、購入する車両が150万円とした場合には、ここでの利用限度額は200万円以内ということになり、多くの銀行で適用をしている利率6.9%で計算をしたとすればその返済回数は202回ということになります。この方法は残高スライドリボルビング返済方式と呼ばれ、多くのカードローンに用いられていますが、商品としての車の価値や耐用年数から考えた場合にはとても不利なことになります。
 
当然、この期間中には元本の他に利息の支払いもあるために最終的にはかなりの金額になってしまいます。カードローンで車の購入を行なう場合には返済が短期間で済むように、よく考えてから判断することが注意点となります。

 

タグ : 

基礎知識 お金借りる審査 借入各種 自動車ローン

車を購入する時のお金は~頭金を用意するか?フルローンか?マイカーローンに関して


スポンサーリンク

頭金なしでもマイカーローンは組める

マイカーローン

自動車を購入するとき、それにかかる費用をなるだけ軽減するための方法はいろいろありますが、その方法の一つに頭金があります。これは、一般的なカーローンの場合ならば購入する際に総借入金額を減らし、お金を貸す業者に対してある程度経済力があると見せる方法でもあるのです。
 
ただ、こういった頭金は必ず必要というものではなく、中にはフルローンといって、総額すべてをローンにすることも可能になる場合もあります。購入の際には、ほぼ間違いなく自動車ローンを使うことになるため総額の借入金額はそれなりに高くなりますが、フルローンにすることでその時に出さなくてはならない金額も減りますし、負担もだいぶ軽くなります。
 
ただ、全員だれでもができるという性質のものではありません。これは必ずローン会社の審査に通りお金を借りるということになりますから、それなりに信用度合いは必要になってくるのです。また、フルローンはあまり王道のやり方ではなく、ある程度は頭金を準備したほうが借入総額も安くなり審査に通りやすくなります。
 
とはいえ、他にも様々な方法で見ていくことができます。自動車購入のためには、いくつかの選択肢があるのだということを知っておきましょう。
 
 

フルローンのメリット、デメリット

こういったフルローンにはいくつかのメリットとデメリットがあります。
 

メリットのもっとも大きい物は、やはり手元にお金がなくても車を購入できるということでしょう。すぐに準備できるお金がなくても車を購入することができますし、ローンの審査にさえ通ればちょっといいクルマに乗ることも可能です。
また、自動車のオプションやアクセサリーにも使うことができますから、そういったものを準備するのにローンとして利用するのもひとつの方法でしょう。
デメリットとしては費用負担が大きくなり、借入金額が比較的大きくなりがちということです。結果的に利息として支払う金額も大きくなりがちで、返済までそれなりに時間も費用もかかるという傾向があります。
また、頭金がないということから信販やローン会社からの信用が微妙に薄いのも懸念点ではあります。

 
ただ、それでも自動車が必要な人にとっては非常に使いやすく、すぐにでも自動車が必要という人の中にはすぐに乗れるということもひとつの大きなメリットといえるでしょう。このため、悪いところは比較的大きいのですが、それでもメリットが存在しますし、手続きも結構簡単に行えるようになっています。
 

フルローン、気をつけることは?

こういったフルローンはいくつか気をつけておくことがあります。
 
ひとつは、必ず審査に通るとは限らないということでしょう。フルローンにすると借入額が大きくなりがちですし、審査の際に借入金額が大きくなりがちな分書類が必要になったり審査が厳しくなるという傾向もあります。
 
また、借り入れの前には信用情報と言って、クレジットカードや携帯電話の分割払いなどもきちんとしておくことです。実は自動車ローンに落ちる理由の最も大きなところは、そういった様々なローンの支払を延滞したことによるものが多いため、毎月安定した返済という信用情報があるかどうかはとても重要な事になるのです。中には信用情報が悪いとそれだけで落ちてしまうこともあり、毎月の支払い能力は非常に重視されるポイントとも言えるでしょう。いつもきれいな情報にしておきましょう。
 
ちなみにこういったローンに落ちても、他の自動車ローンを選んだり、自動車ローン以外のカードローンやフリーローンなど自由に使うことができるローンを利用することもできます。ちなみにこういったフリーローンなどの場合は比較的金利が高くなる傾向がありますので、できれば自動車ローンに通るのに越したことはないでしょう。

 

タグ : 

借入各種 自動車ローン