カードローン即日

カードローン即日審査※今すぐお金を借りれる情報まとめ

美容整形、エステ、医療費等のお金は低金利のカードローンで借りる


スポンサーリンク

美容整形のローンは医療ローンかフリーローン

整形手術の場合、残念ですが保険適用となることはそう多くなく、費用も結構かかりがちです。このため、中にはいろいろなローンの種類があるでしょうが、おおまかに分けるとしたら「医療ローン」と「フリーローン」でしょう。
 

医療ローンとは、何らかの医療行為に対してのローンということになります。これは保険適用された後でも保険料が高くて払えなかったり、入院・手術・高額治療などに対応するためのローンになります。これは何も保険適用されなくても、歯のホワイトニングや矯正などにかかる場合やレーシックにも使えるため、医療に関することについてならば幅広く利用することが可能になっています。

 
一方、フリーローンというのは用途自由なローンとなっており、主に使う際には色々なローンとして使うことができますので、もちろん美容整形にも使うことができます。もちろん、入院のための費用にも使えますし、それ以外の様々なローンとしても活用できます。幅広くいろいろなことに使えます。
 
ちなみに他にも方法はありますが、おおむねこの2種類のローンを使うことが多いでしょう。ちなみにクリニックが提携しているローンはこちらの医療ローンに当てはまります。
 
 

低金利となるローンは一体どっち?

ただ、こういったローンの場合はどちらもおおむね金利が高い傾向があります。このため、低金利となるためにはまずはそれぞれのローンの金利を比較してみることから始めましょう。
 
傾向として、全体的に金利が高めになっているのは医療ローンの方なのですが、例えばあなたの信用情報がどのくらいいいものなのか、あなたの経済力がどのくらいあるのか、というようなことでも金利についての様々な基準は変わってくるものです。
 
また、金利に関してはそれぞれの金融機関によっても違います。例えば消費者金融のフリーローンや信販系のフリーローン等よりも、銀行カードローンのほうが低金利となる傾向は強くなっています。ただ、銀行カードローンはその分審査が厳しく、借り入れの際に収入証明書類などが必要になることもあります。
 

銀行名・商品名 金利・実質年率
楽天銀行スーパーローン 4.9%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6%
イオン銀行カードローンBIG 3.8%~13.8%
じぶん銀行カードローン 3.9%~17.5%

 
ただ、金利の面で考えれば他にも様々なローンがあります。できるだけ銀行カードローンを活用し、低金利で抑えることで総額の出費も節約できます。また、たくさんのローンがあるのですぐに銀行系のほうが低金利という傾向はありますが、借り入れの際には必ずどちらが安いかを総額を考えて行うほうがいいでしょう。借入金額次第、という傾向も。
 
 

では借りやすいのはどっち?

ところで、こういった審査の際には、なるたけ落ちたくないと思うことが多いでしょう。では、借りやすいのはどちらでしょうか。
 
実は、こういったローンの場合は用途が決まっている方が借りやすいという傾向はあるのですが、実際にはどちらがいいかということはなんともいうことができません。特にこういった無担保でそれなりの金額を借りるローンの場合はどちらもあなたの信用情報や審査基準などを重視するため、基本的にはどちらも変わりはあまりないという傾向です。
 
ちなみに、ローンの中にはこういったクリニックなどから案内があったほうが借りやすいというふうに考えている人もいるようですが、実際はそうでもありません。低金利でお金を借りるというのであれば、今どきならば銀行カードローンより審査が比較的通りやすいアコムやプロミス等のフリーローンを利用するのも方法ですし、整形費用という用途の場合はピンキリですから借りられる金額もその金融機関によって違ってきます。
 
整形費用のために低金利で借りたい、というのならば、そのクリニックだけではなく借りられそうな金融機関などにも相談して、大体いくらくらいなら借りられそうかということを見積もってもらうのも方法でしょう。

 

借入各種 医療ローン