カードローン即日

カードローン即日審査※今すぐお金を借りれる情報まとめ

自営業の人がキャッシングでお金を借りる時の書類とは?


スポンサーリンク

キャッシングの審査に必要となる課税証明書とは何か

サラリーマンなどの人がお金を借りる時、一定の金額を越えた場合年収を証明する書類として源泉徴収票や直近の給料明細書を提出する事で審査を受ける事が出来ますが、個人事業を営んでいる人の場合は、源泉徴収票もなれば給料と言う形で所得を得ているわけではないので直近の給料明細書などがありません。
 
そのため、一定額を越えた場合の年収を証明する書類として課税証明書の提出をする事になります。
 
年間所得および住民税の課税金額が記されている証明書を課税証明書と呼びますが、サラリーマンの人の場合も、源泉徴収票以外に合わせて提出が必要になるケースもあります。
 
 

収入を証明する事が出来る書類について

課税額を証明出来る書類の提出を行う事で収入の証明を行うことが出来ますが、前年度の住民税が確定するのは毎年6月になります。そのため、申請する時期によっては、2年前の証明書と言う事になります。
 
例えば、2015年の5月に申請を行った場合、前年度の住民税が確定するのは2014年6月となるので、2015年の5月の申請は2013年の証明書と言う事になるわけです。
 
尚、証明書の提出を求められるケースと言うのは、個人事業を営んでいる人だけではなくサラリーマンの場合もありますが、転職を行って収入が増えているケースや直近の収入について確認を行いたいと言われた場合は、給与明細書を提出した方が良いケースもあります。
 
 

他の書類と併せて提出を求められる理由について

キャッシングの申し込みで収入を証明する書類を提出しなければならない場合は、課税を証明書する書類の提出で可能になりますし、サラリーマンなどの場合は源泉徴収票や給与明細書、個人事業主などの場合は確定申告書などを利用する事で収入証明書として提出が出来ます。
 
但し、お金を借りる先の会社により、課税を証明出来る書類の提出を併せて求められるケースもあります。最近は、キャッシングの申し込みをウェブで完結出来るケースが多くなっており、収入証明書の提出も、メールやFAXなどで行えます。しかし、収入欄に細工を行って水増しを行うケースもあり、課税を証明する書類を併せて提出する事で、正しい金額なのかを確認することが出来ます。

 

借入各種 ビジネスローン

自営業・個人事業主向け!キャッシングで行われる審査内容とは?


スポンサーリンク

キャッシングの審査でチェックされること

キャッシングを利用する際には必ず審査を通過する必要があります。審査はそれぞれの借入希望者が本当に返済可能かどうか、返済可能だとしてどれくらいの融資額であれば問題ないかというようなことをチェックするものです。
 
最低限度の借入条件としては安定した収入があること、成年者であることなどが求められるのですが、この審査でチェックされることは何も収入と年齢だけではありません。特に年収が多ければ良いというものではなく、そこでは「収入が安定しているかどうか」ということが注目されるようになります。毎月20万円を間違いなく稼いでくる人と、ある月は100万円を稼ぐが別の月は1円も稼げないこともあるというような人だと、キャッシング業者は間違いなく前者の方が優良顧客だというようにしてみるのです。
 
これはキャッシングの契約において「安定して返済できること」が求められるからです。毎月の収入が変化するようであれば返済に充てることができる金額も安定しなくなってしまうわけですから、そうした人は信用がやや難しいという結論になってきてしまいます。このことは特に自営業、個人事業主といったような人にとって重要なポイントになるでしょう。
 
 

自営業・個人事業主がキャッシングの審査でチェックされること

さて、それでは自営業・個人事業主といったような立場の人がキャッシングの契約を希望して申し込んだ審査ではどういったことがチェックされるのかというと、特に注目するべきとなるのは「事業の継続年数」と「平均的な収益」というところです。自営業・個人事業主といったような人は基本的に毎月の収入が一定のものになることはありません。
 
自身で行っている事業が上手くいけば膨大な利益を得ることができますが、上手くいかなかったのであれば一円も手元に残らないということもあるのです。そうした条件がある以上、やはり通常の人と同じ審査を受けることはできないでしょう。
 
そうした信用が低くなり得る要素をカバーするため、キャッシングの審査では「その事業が何年続いているか」ということと「利益は十分に上がっているか」ということがチェックされるのです。事業継続年数については長い方が良いのですが、利益については多いということよりも数年間、ある程度安定した利益が計上されていることの方が重要でしょう。
 
右肩上がりで伸びているのであれば問題はありませんが、もし昨年は500万円の利益、しかし一昨年は利益ゼロということになると審査は厳しいものになります。
 
 

自営業・個人事業主がチェックしたいビジネスローン

しかしキャッシング業界も今や競争の時代、融資を求める人が来れば答えたいというのが業者の正直なところです。そこで出てくるのが「ビジネスローン」という存在です。一般的なキャッシングでは消費者に対する消費目的の融資ということで行われていましたが、ビジネスローンの場合は事業資金目的にも使用できる、銀行融資よりも早く結果が出るというようなメリットがあります。
 
これを利用できる条件には自営業者・個人事業主であることが求められますから、条件を満たしている以上知っておいて損はありません。
 
ただメリットばかりの存在というわけではなく、短所として銀行からの融資よりも利率が高いこと、また返済期間に関してもかなり短く設定されるということが問題になってきます。特に融資額が数百万円ほどで設定されるのに対し最大分割回数はおよそ80回というように定められることが多く、あまり過度に使い過ぎてしまうと返済のやりくりができずにパンクしてしまうリスクも持っています。
 
しかしながら銀行だと数日かかるものが数日で返答され、素早い融資をしてもらえるということは大きなメリットとなっていますから、つなぎ資金などが必要な場合には頼りになる存在なのです。

 

タグ :  

借入各種 ビジネスローン