カードローン即日

カードローン即日審査※今すぐお金を借りれる情報まとめ

自営業の人がキャッシングでお金を借りる時の書類とは?


スポンサーリンク

キャッシングの審査に必要となる課税証明書とは何か

サラリーマンなどの人がお金を借りる時、一定の金額を越えた場合年収を証明する書類として源泉徴収票や直近の給料明細書を提出する事で審査を受ける事が出来ますが、個人事業を営んでいる人の場合は、源泉徴収票もなれば給料と言う形で所得を得ているわけではないので直近の給料明細書などがありません。
 
そのため、一定額を越えた場合の年収を証明する書類として課税証明書の提出をする事になります。
 
年間所得および住民税の課税金額が記されている証明書を課税証明書と呼びますが、サラリーマンの人の場合も、源泉徴収票以外に合わせて提出が必要になるケースもあります。
 
 

収入を証明する事が出来る書類について

課税額を証明出来る書類の提出を行う事で収入の証明を行うことが出来ますが、前年度の住民税が確定するのは毎年6月になります。そのため、申請する時期によっては、2年前の証明書と言う事になります。
 
例えば、2015年の5月に申請を行った場合、前年度の住民税が確定するのは2014年6月となるので、2015年の5月の申請は2013年の証明書と言う事になるわけです。
 
尚、証明書の提出を求められるケースと言うのは、個人事業を営んでいる人だけではなくサラリーマンの場合もありますが、転職を行って収入が増えているケースや直近の収入について確認を行いたいと言われた場合は、給与明細書を提出した方が良いケースもあります。
 
 

他の書類と併せて提出を求められる理由について

キャッシングの申し込みで収入を証明する書類を提出しなければならない場合は、課税を証明書する書類の提出で可能になりますし、サラリーマンなどの場合は源泉徴収票や給与明細書、個人事業主などの場合は確定申告書などを利用する事で収入証明書として提出が出来ます。
 
但し、お金を借りる先の会社により、課税を証明出来る書類の提出を併せて求められるケースもあります。最近は、キャッシングの申し込みをウェブで完結出来るケースが多くなっており、収入証明書の提出も、メールやFAXなどで行えます。しかし、収入欄に細工を行って水増しを行うケースもあり、課税を証明する書類を併せて提出する事で、正しい金額なのかを確認することが出来ます。

 

借入各種 ビジネスローン

カードローンを活用した新車や中古車の購入について~マイカーローンや自動車ローンとの比較


スポンサーリンク

車を購入する場合に利用できる方法とは

新車や中古車の購入には、貯金などで一括支払いができる場合を除いては、そのほとんどでローンを活用することになります。
(⇒車を購入する時のお金は~頭金を用意するか?フルローンか?マイカーローンに関して
 
ローンにも種類があり、それは、新車や中古車の購入に特化したマイカーローンやディーラー等の購入先で提供される信販会社を活用した、いわゆるディーラーローン、また、使用目的を限定としないフリーローンやカードローンがあります。
 
一般的に多く用いられているのはマイカーローンとディーラーローンになりますが、マイカーローンでは金利が低い反面審査内容が他に比べて厳しい場合が多く、ローンを組むことができないこともあります。また、ディーラーローンでは購入先によっても金利に幅があったり、購入した新車や中古車がローンの完済までは個人名義とならないことから活用しにくい面もあります。

金利比較

自動車ローン
・ちばぎんマイカーローン(2.350%~2.550%
・東京都民銀行 マイカーローン(2.600%~2.700%)
・横浜銀行マイカーローン(2.100%~3.900%)
・しずぎんマイカーローン(2.400%~4.400%)
・常陽マイカーローン「JOYO車」(2.700%~4.975%)
 
ディーラーローン
・東京トヨペット(7.80%)
※借入金額300万円の場合
 
そして、消費者金融等で提供をしているフリーローンに関しては、総量規制が適用されるために、新車や中古車といった金額が高い商品の場合には借入を行なうことが難しくなる場合も多く、また、金利にも高いものがあるために選びにくいという側面があります。
 
その点、銀行で発行されるカードローンは総量規制対象外であることや金利においても若干低く抑えられていることから利用しやすい商品ということが言えます。
 
 

条件と融資額について

新車や中古車の購入をする場合にはマイカーローンやディーラーローンの使用が一般的となりますが、何らかの事情で融資が行われない場合には他の方法を活用することになります。その中の1つにカードローンがありますが、カードローンは様々な金融機関で提供されており、借入を行う場合にはそれぞれで提示されている条件をクリアする必要があります。
 
まず、融資の極度額に関しては金融機関によっても違いがあり、概ね、500万円程度を多く見ることができます。カードローンでは申込金額が100~300万円未満の場合などでは収入証明書を不要としている金融機関も多く、また、審査をクリアした場合は翌日には融資に応じてくれるところもあります。
 
但し、注意をしなければならないのは、そのほとんどが保証会社を通して審査判断を下していることがあり、ここでは、個人信用情報機関から情報を入手して融資に対しての可否を行なっています。
 
特にカードローンでは保証会社が系列となる消費者金融会社となっている場合も多く、最終的には消費者金融会社からのキャッシングを同じ内容の審査を受けることになります。そのために、基本的な条件はもちろんのこと、他社からの借入状況や、特に事故歴などはより注意して審査が行われることになります。
 
 

借入する場合、審査の注意点とは

車の購入に何らかの事情でカードローンを利用する場合には注意が必要となります。カードローンはその使途目的は条件となっておらず、当然、車の購入にも活用することができますが、一番の問題点としては、その支払い方法にあります。
 
通常、消費者金融などのキャッシングの場合には毎月の返済額を自分で決めて行うことができますが、ここではローン会社側で返済額を決め、また、その内容が個定額で行われます。そして、大きな注意点としては、ローンの多くは残額リボ払いの方式となっているために完済までの非常に長い期間を要することがあります。
 
例えば、購入する車両が150万円とした場合には、ここでの利用限度額は200万円以内ということになり、多くの銀行で適用をしている利率6.9%で計算をしたとすればその返済回数は202回ということになります。この方法は残高スライドリボルビング返済方式と呼ばれ、多くのカードローンに用いられていますが、商品としての車の価値や耐用年数から考えた場合にはとても不利なことになります。
 
当然、この期間中には元本の他に利息の支払いもあるために最終的にはかなりの金額になってしまいます。カードローンで車の購入を行なう場合には返済が短期間で済むように、よく考えてから判断することが注意点となります。

 

タグ : 

基礎知識 お金借りる審査 借入各種 自動車ローン

おまとめローンと借り換えキャッシングの違いについて


スポンサーリンク

キャッシングの豆知識、おまとめローンとは

消費者金融や銀行にはおまとめローンと呼ばれている専用のローンが在ります。専用のローンと言う理由は、おまとめローンは他社債務を1本化させる目的でのみ利用することが出来るからです。
 
一般的なキャッシングの多くは、借りたお金は自由に利用することが出来ます。買い物に利用する事もできれば、旅行や引っ越し、車の購入資金や車検、修理といった具合に、自分が利用したいことにキャッシングをしたお金を借りることが出来るわけです。
 
おまとめローンはキャッシングとは違い、複数の借金を1つにまとめることで月々の返済額や総支払額を減らすことが出来ると言ったメリットを持ちます。但し、返済額や総支払額を減らすためには、現在の借金よりも安い金利のローンを利用する事が条件となるため、利用する場合には現在の借金の金利と比較することが大切です。
 
参考文献:返済一本化等による被害の実例
http://www.j-fsa.or.jp/personal/damage/example.php
 
また、複数の借金を持つことで返済日などが異なるケースも在り、自動引き落としを利用して返済を行っている場合、最初は口座に現金が有っても、自動引き落としで返済が行われて行くため、当月の返済が口座の残高が不足しているため、返済が出来ないケースなど、遅延をしてしまう可能性が有るわけです。
 
 

借り換えローンとの違いについて

複数の債務を1本化させるメリットは、金利が低いローンを利用する事で月々の返済額を減らし、総支払額を減らすことが出来る事や、返済箇所が1か所になるので、返済のし忘れ、口座に現金が不足していて返済が出来ないと言った事が起こり難くなる事などが挙げられます。
 
これに対し、借り換えローンは現在の借金の金利と新しく利用する借り換え専用ローンの金利を比較して、新しく借り入れするローンの金利が安い事で月々の返済が少なくなり、総支払額を減らせると言ったメリットが有り、これについてはローンを1本化させることが出来るおまとめローンと同じようなメリットを持ちます。
 
但し、この二つの大きな違いと言うのは複数の借金に対して利用出来るものと、1つの借金に利用出来るかと言った違いが在ります。他社債務を1本化する事で、他社債務は一括返済が行われることになり、借り換えローンを利用する事で現在の借金を一括返済する事になりますが、総支払額が減る事で新たに借り入れた借金についても一括返済することが出来る可能性を見出す事も出来ると言ったメリットを持ちます。
 
尚、新たに借入する場合は金利が低いローンを利用する事が重要です。
 
 

借り換えキャッシングについて

借り換えキャッシングは、現在の借金を一括返済をして、新しいローンを組む事を意味しています。新しいローンの金利が低い事で月々の返済額を減らす事、総支払額を減らせるので短期間での返済が出来るようになると言ったメリットも在ります。
 
キャッシングは長く借り入れをする事で利息を多く支払う事になりますので、借り換える事で月々の返済額が減れば、その分多くの返済を行えるようになり、更に総支払額が減るため短期間での返済も可能になってくるわけです。短期間でお金を返せば、更に返済に含まれる利息分は減ることになるわけですので、総支払額も変わることになります。
 
尚、おまとめローンについても同じことが言えるのですが、どちらのローンを利用する場合も借金の金利と新しく借り入れるローンの金利を比較する事、そして新しく借り入れるローンの金利が安い事でメリットを活かすことが出来るのです。
 
例えば、消費者金融と銀行を比較した場合、銀行の方が金利が安くなりますので、消費者金融の借金を銀行の専用のローンを利用することで、消費者金融からの借金を一括返済し、金利が安い銀行のローン返済を行う事で月々の返済額と総支払額を減らせると言う事です。
(⇒銀行カードローンと消費者金融の比較

 

タグ : 

借入各種 おまとめローン

美容整形、エステ、医療費等のお金は低金利のカードローンで借りる


スポンサーリンク

美容整形のローンは医療ローンかフリーローン

整形手術の場合、残念ですが保険適用となることはそう多くなく、費用も結構かかりがちです。このため、中にはいろいろなローンの種類があるでしょうが、おおまかに分けるとしたら「医療ローン」と「フリーローン」でしょう。
 

医療ローンとは、何らかの医療行為に対してのローンということになります。これは保険適用された後でも保険料が高くて払えなかったり、入院・手術・高額治療などに対応するためのローンになります。これは何も保険適用されなくても、歯のホワイトニングや矯正などにかかる場合やレーシックにも使えるため、医療に関することについてならば幅広く利用することが可能になっています。

 
一方、フリーローンというのは用途自由なローンとなっており、主に使う際には色々なローンとして使うことができますので、もちろん美容整形にも使うことができます。もちろん、入院のための費用にも使えますし、それ以外の様々なローンとしても活用できます。幅広くいろいろなことに使えます。
 
ちなみに他にも方法はありますが、おおむねこの2種類のローンを使うことが多いでしょう。ちなみにクリニックが提携しているローンはこちらの医療ローンに当てはまります。
 
 

低金利となるローンは一体どっち?

ただ、こういったローンの場合はどちらもおおむね金利が高い傾向があります。このため、低金利となるためにはまずはそれぞれのローンの金利を比較してみることから始めましょう。
 
傾向として、全体的に金利が高めになっているのは医療ローンの方なのですが、例えばあなたの信用情報がどのくらいいいものなのか、あなたの経済力がどのくらいあるのか、というようなことでも金利についての様々な基準は変わってくるものです。
 
また、金利に関してはそれぞれの金融機関によっても違います。例えば消費者金融のフリーローンや信販系のフリーローン等よりも、銀行カードローンのほうが低金利となる傾向は強くなっています。ただ、銀行カードローンはその分審査が厳しく、借り入れの際に収入証明書類などが必要になることもあります。
 

銀行名・商品名 金利・実質年率
楽天銀行スーパーローン 4.9%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6%
イオン銀行カードローンBIG 3.8%~13.8%
じぶん銀行カードローン 3.9%~17.5%

 
ただ、金利の面で考えれば他にも様々なローンがあります。できるだけ銀行カードローンを活用し、低金利で抑えることで総額の出費も節約できます。また、たくさんのローンがあるのですぐに銀行系のほうが低金利という傾向はありますが、借り入れの際には必ずどちらが安いかを総額を考えて行うほうがいいでしょう。借入金額次第、という傾向も。
 
 

では借りやすいのはどっち?

ところで、こういった審査の際には、なるたけ落ちたくないと思うことが多いでしょう。では、借りやすいのはどちらでしょうか。
 
実は、こういったローンの場合は用途が決まっている方が借りやすいという傾向はあるのですが、実際にはどちらがいいかということはなんともいうことができません。特にこういった無担保でそれなりの金額を借りるローンの場合はどちらもあなたの信用情報や審査基準などを重視するため、基本的にはどちらも変わりはあまりないという傾向です。
 
ちなみに、ローンの中にはこういったクリニックなどから案内があったほうが借りやすいというふうに考えている人もいるようですが、実際はそうでもありません。低金利でお金を借りるというのであれば、今どきならば銀行カードローンより審査が比較的通りやすいアコムやプロミス等のフリーローンを利用するのも方法ですし、整形費用という用途の場合はピンキリですから借りられる金額もその金融機関によって違ってきます。
 
整形費用のために低金利で借りたい、というのならば、そのクリニックだけではなく借りられそうな金融機関などにも相談して、大体いくらくらいなら借りられそうかということを見積もってもらうのも方法でしょう。

 

借入各種 医療ローン

自営業・個人事業主向け!キャッシングで行われる審査内容とは?


スポンサーリンク

キャッシングの審査でチェックされること

キャッシングを利用する際には必ず審査を通過する必要があります。審査はそれぞれの借入希望者が本当に返済可能かどうか、返済可能だとしてどれくらいの融資額であれば問題ないかというようなことをチェックするものです。
 
最低限度の借入条件としては安定した収入があること、成年者であることなどが求められるのですが、この審査でチェックされることは何も収入と年齢だけではありません。特に年収が多ければ良いというものではなく、そこでは「収入が安定しているかどうか」ということが注目されるようになります。毎月20万円を間違いなく稼いでくる人と、ある月は100万円を稼ぐが別の月は1円も稼げないこともあるというような人だと、キャッシング業者は間違いなく前者の方が優良顧客だというようにしてみるのです。
 
これはキャッシングの契約において「安定して返済できること」が求められるからです。毎月の収入が変化するようであれば返済に充てることができる金額も安定しなくなってしまうわけですから、そうした人は信用がやや難しいという結論になってきてしまいます。このことは特に自営業、個人事業主といったような人にとって重要なポイントになるでしょう。
 
 

自営業・個人事業主がキャッシングの審査でチェックされること

さて、それでは自営業・個人事業主といったような立場の人がキャッシングの契約を希望して申し込んだ審査ではどういったことがチェックされるのかというと、特に注目するべきとなるのは「事業の継続年数」と「平均的な収益」というところです。自営業・個人事業主といったような人は基本的に毎月の収入が一定のものになることはありません。
 
自身で行っている事業が上手くいけば膨大な利益を得ることができますが、上手くいかなかったのであれば一円も手元に残らないということもあるのです。そうした条件がある以上、やはり通常の人と同じ審査を受けることはできないでしょう。
 
そうした信用が低くなり得る要素をカバーするため、キャッシングの審査では「その事業が何年続いているか」ということと「利益は十分に上がっているか」ということがチェックされるのです。事業継続年数については長い方が良いのですが、利益については多いということよりも数年間、ある程度安定した利益が計上されていることの方が重要でしょう。
 
右肩上がりで伸びているのであれば問題はありませんが、もし昨年は500万円の利益、しかし一昨年は利益ゼロということになると審査は厳しいものになります。
 
 

自営業・個人事業主がチェックしたいビジネスローン

しかしキャッシング業界も今や競争の時代、融資を求める人が来れば答えたいというのが業者の正直なところです。そこで出てくるのが「ビジネスローン」という存在です。一般的なキャッシングでは消費者に対する消費目的の融資ということで行われていましたが、ビジネスローンの場合は事業資金目的にも使用できる、銀行融資よりも早く結果が出るというようなメリットがあります。
 
これを利用できる条件には自営業者・個人事業主であることが求められますから、条件を満たしている以上知っておいて損はありません。
 
ただメリットばかりの存在というわけではなく、短所として銀行からの融資よりも利率が高いこと、また返済期間に関してもかなり短く設定されるということが問題になってきます。特に融資額が数百万円ほどで設定されるのに対し最大分割回数はおよそ80回というように定められることが多く、あまり過度に使い過ぎてしまうと返済のやりくりができずにパンクしてしまうリスクも持っています。
 
しかしながら銀行だと数日かかるものが数日で返答され、素早い融資をしてもらえるということは大きなメリットとなっていますから、つなぎ資金などが必要な場合には頼りになる存在なのです。

 

タグ :  

借入各種 ビジネスローン

車を購入する時のお金は~頭金を用意するか?フルローンか?マイカーローンに関して


スポンサーリンク

頭金なしでもマイカーローンは組める

マイカーローン

自動車を購入するとき、それにかかる費用をなるだけ軽減するための方法はいろいろありますが、その方法の一つに頭金があります。これは、一般的なカーローンの場合ならば購入する際に総借入金額を減らし、お金を貸す業者に対してある程度経済力があると見せる方法でもあるのです。
 
ただ、こういった頭金は必ず必要というものではなく、中にはフルローンといって、総額すべてをローンにすることも可能になる場合もあります。購入の際には、ほぼ間違いなく自動車ローンを使うことになるため総額の借入金額はそれなりに高くなりますが、フルローンにすることでその時に出さなくてはならない金額も減りますし、負担もだいぶ軽くなります。
 
ただ、全員だれでもができるという性質のものではありません。これは必ずローン会社の審査に通りお金を借りるということになりますから、それなりに信用度合いは必要になってくるのです。また、フルローンはあまり王道のやり方ではなく、ある程度は頭金を準備したほうが借入総額も安くなり審査に通りやすくなります。
 
とはいえ、他にも様々な方法で見ていくことができます。自動車購入のためには、いくつかの選択肢があるのだということを知っておきましょう。
 
 

フルローンのメリット、デメリット

こういったフルローンにはいくつかのメリットとデメリットがあります。
 

メリットのもっとも大きい物は、やはり手元にお金がなくても車を購入できるということでしょう。すぐに準備できるお金がなくても車を購入することができますし、ローンの審査にさえ通ればちょっといいクルマに乗ることも可能です。
また、自動車のオプションやアクセサリーにも使うことができますから、そういったものを準備するのにローンとして利用するのもひとつの方法でしょう。
デメリットとしては費用負担が大きくなり、借入金額が比較的大きくなりがちということです。結果的に利息として支払う金額も大きくなりがちで、返済までそれなりに時間も費用もかかるという傾向があります。
また、頭金がないということから信販やローン会社からの信用が微妙に薄いのも懸念点ではあります。

 
ただ、それでも自動車が必要な人にとっては非常に使いやすく、すぐにでも自動車が必要という人の中にはすぐに乗れるということもひとつの大きなメリットといえるでしょう。このため、悪いところは比較的大きいのですが、それでもメリットが存在しますし、手続きも結構簡単に行えるようになっています。
 

フルローン、気をつけることは?

こういったフルローンはいくつか気をつけておくことがあります。
 
ひとつは、必ず審査に通るとは限らないということでしょう。フルローンにすると借入額が大きくなりがちですし、審査の際に借入金額が大きくなりがちな分書類が必要になったり審査が厳しくなるという傾向もあります。
 
また、借り入れの前には信用情報と言って、クレジットカードや携帯電話の分割払いなどもきちんとしておくことです。実は自動車ローンに落ちる理由の最も大きなところは、そういった様々なローンの支払を延滞したことによるものが多いため、毎月安定した返済という信用情報があるかどうかはとても重要な事になるのです。中には信用情報が悪いとそれだけで落ちてしまうこともあり、毎月の支払い能力は非常に重視されるポイントとも言えるでしょう。いつもきれいな情報にしておきましょう。
 
ちなみにこういったローンに落ちても、他の自動車ローンを選んだり、自動車ローン以外のカードローンやフリーローンなど自由に使うことができるローンを利用することもできます。ちなみにこういったフリーローンなどの場合は比較的金利が高くなる傾向がありますので、できれば自動車ローンに通るのに越したことはないでしょう。

 

タグ : 

借入各種 自動車ローン