カードローン即日

カードローン即日審査※今すぐお金を借りれる情報まとめ

66歳や67歳の人でもキャッシングでお金は借りれるの?


一般的なカードローンの申し込み年齢について

カードローンは審査を受けた時に利用可能額が定められて、利用可能額の範囲内でお金を借りる事が出来る便利な個人向けのローンです。銀行や消費者金融などに便利なローンが用意されているのですが、大半のローンは年齢が満20歳以上から上限は65歳以下と言った制限が設けられている事が多くあります。
 
また、会社によっては60歳以下としているケースもありますが、60歳と言うのは会社員の場合であれば定年を迎える年齢で、定年後は仕事をせずにのんびりと暮らしたいと考える人もいます。お金を借りると言う事は借金を作ることになるため、返済が出来るための収入が必要です。
 
そのため、金融会社の多くは定年を迎える60歳や再雇用が行われた場合の65歳を上限にしていると言う事です。尚、再雇用と言うのは同じ企業の中で引き続き仕事をして行くと言う事になりますが、人によっては定年を迎えた後に他の仕事に就く人もいます。
 
再雇用の場合は65歳までになっているケースが多いのですが、再雇用を選ばずに自ら他の仕事をする場合は、働けるまで働きたいと言うケースが多くあるのが特徴です。しかしながら年齢制限が65歳になっている場合はカードローンの申し込みが出来ない事になるわけです。
 
 

年金受給者も申し込みが可能な金融会社があります

定年を迎えると年金受給者と言う形になります。公的年金は老後の生活費と言う事になるわけですが、定年を迎えた人でもたまには旅行に出掛けたり、美味しいものを食べに行きたいと考えるものです。このような時に、自由に利用出来るお金があれば生活にもゆとりが生まれますし、楽しみも増えるわけです。
 
年金受給だけで融資を受けることが出来る金融機関には信用金庫があります。信用金庫の個人向けローンの中には年金受給者でも申し込みが出来るカードローンが用意されていたり、年金受給者専用のローンを用意している信用金庫もあります。
 
また、年金受給者専用のローンの中には65歳以上から申し込みが出来て、上限は70歳や75歳まで可能としているケースもあります。更に、アルバイトなどをしている人などの場合は、年金受給以外にも収入が見込まれるので審査を受けることでお金を借りる事が出来ます。因みに、年金というものは収入として見なす金融機関も有れば、収入として見なさない金融機関もあります。
 
しかし、申し込み年齢が70歳や75歳までとなっている金融機関は多くありますし、一定の収入があれば申し込みが出来る金融機関も多数あります。
 
 

67歳でも申し込みが出来るカードローン

以前であれば、定年退職後は年金や退職金を利用して余裕で暮らす事が出来たと言います。しかし、現代は年金の受給年齢が上る傾向にありますし、年金の受給金額も減少しているなど、年金や退職金だけでは安心した暮らしがし難くなっています。
 
また、医療費も増加傾向にあるので、高齢を迎えることでより不安な状態になるなど、いざと言う時のためのお金の確保が欲しいと言う人も少なくありません。ある程度の貯金をしているけれども、年齢を重ねることで入院をしなければならなくなるケースも出て来て、緊急時にまとまった現金が必要になります。
 
金融機関の中には公的年金などを審査の対象としての融資を行ってくれる所もあります。公的年金は定年退職後60歳を迎えた時から需給が出来るものですが、生涯受け取ることが出来る1つの収入と言う事になります。
 
尚、申し込みは可能になったとしても、年金で借金の返済を行う形になるので、無理のない返済計画を立てて利用する事が大切です。
 
また、公的年金と言うのは、生活のための給付金と言う事からも、借金を多く抱えてしまうと生活が出来なくなる可能性もありますので、利用される場合は計画的に使う事が大切です。



スポンサーリンク

 

基礎知識 お金借りる

この記事に関連する記事一覧