カードローン即日

カードローン即日審査※今すぐお金を借りれる情報まとめ

年収200~300万円の低年収の人でもキャッシング審査には可決するの?


スポンサーリンク

年収の金額よりも支払能力が重視されます

銀行のカードローンの中には、勤続年数が3年以上必要なケースや、正社員として働いていないと申し込みが出来ない個人向けローンもあります。しかし、年収がいくら無ければ申し込みが出来ないと言った条件を掲げている金融機関は殆どなく、低収入の場合でも安定した収入と継続収入が証明できる事でお金を借りる事が出来るようになっています。
 
また、少額のローンの場合は収入証明書類の提出が不要になっているなど、自己申告を行う事で審査が行われ、利用限度額が定められた形で融資を受ける事が出来ます。因みに、年収が300万円の人が最初から300万円の申し込みをしても、支払能力が無いと判断されてしまうので審査に通ることは難しくなります。
 
例えば、20万円や30万円と言った少額の金額の場合などでは、月々の支払いもそれほど無理をしなくても返して行くことが出来るため、希望額を少額にしておけば融資をして貰う事が出来るようになります。
 
また、お金を借りる事で借金を作る事になるわけですが、借金は長く持っていると利息の支払いが多くなり、支払総額が高額なものとなりますので、少額を申し込んで使った分は早めに返すと事を心掛ける事も大切です。
 
 

銀行のカードローンの審査について

銀行のカードローンは金利が低い反面、審査が厳しいと言われています。基準はそれぞれの銀行毎に様々なのですが、融資を行う側は貸したお金を、利息をつけてきちんと返すことが出来る能力を重視するため、収入が多い場合や少ない場合に関係なく、融資をしてくれます。
 
しかし、融資を行う金額と言うのは、支払能力に見合ったものとなるので、年収が300万円の人に対して300万円の融資をすることはありませんし、年収が300万円なので融資額は10万円と言う事も有りません。
 
また、定職についていない人などに対しての融資を行っている金融機関も多くあります。例えば、アルバイトやパートをして収入を持つ人なども申し込みが出来るようになっています。アルバイトやパートは定職に就いているわけではないのですが、それでも収入があることで支払い能力があると判断されることになるので申し込みが出来ると言う事です。
 
尚、借金を持っている場合は支払い能力がどれだけ残されているのかにより融資が行われるかどうかが決まって来ます。また、他社からの借入を持つ人の中でも、支払が度々遅れると言った事実が判明する事で収入の額に関係なく審査に通り難くなります。
 
 

低収入の場合でも融資が可能になります

申し込みが出来る人は安定した収入と継続収入があり、返済能力を有する人と言うのは何処の金融機関も共通している基本的な申し込み条件です。これに加えて年齢制限がありますが、一般的には65歳以下としているケースが多く在ります。
 
65歳と言うのは60歳で定年を迎えた人が再雇用で65歳まで働くことが出来る企業が多いことからも、65歳以下に設定しているのですが、60歳を過ぎる事で給料が減るケースや、再雇用を受けずに余生を楽しみたいと言う人もいるため、金融機関の中には60歳以下に設定しているケースもあります。
 
尚、信用金庫などの場合は年金受給者を対象にした個人向けローンを用意している所も多くあるのが特徴で、この場合の年齢制限は70歳や75歳と言うのが多くあります。
 
銀行の場合も年金受給者でも申し込みを可能にしている所も在りますが、銀行の場合は年金受給のみでは申し込みが出来ないケースが多く、収入がある程度ある人を対象にしており、年齢も70歳未満を対象にしています。尚、年齢が高くなる事で収入が激減するケースがあります。再雇用を受ける場合、従来よりも年収が減ってしまう事も有りますが、低収入の人でも融資を受ける事は可能になるのです。



スポンサードリンク


 

基礎知識 お金借りる審査

この記事に関連する記事一覧