カードローン即日

カードローン即日審査※今すぐお金を借りれる情報まとめ

銀行カードローンのメリットとデメリット~街金での借入に比べると安心感はある


スポンサーリンク

銀行カードローンのメリットはたくさんある

銀行でお金を借りることのメリットといえば、「金利が低い」ということを一番に挙げる人が多いと思います。消費者金融や信販会社のキャシングでは最高金利が年18.0%となっていることが多いのに対し、銀行カードローンでは年14.0%~15.0%程度になっています。4.0%~5.0%の差が大きいと感じるかは人それぞれですが、高額な融資を長期間借りる場合にはとても大きな利息の差が生まれます。
 
また、「安心と信頼がある」ということをメリットに挙げる人も多いと思います。銀行は古くから存在し、社会の一部となっています。長い期間で積み重ねられてきた信頼は、消費者金融とは比較にならないでしょう。すでに口座を持っている銀行から借りる場合には手続きが簡単になり、優遇金利が受けられることがある点もメリットになります。
 
また、キャッシュカードと一体型のカードなら、持っていても怪しまれることがないということも人気の理由です。
 
 

銀行カードローンにはデメリットもある

近年、貸金業法が改正され、総量規制ができました。銀行は銀行法の適用を受けるので、総量規制の対象外です。無職の専業主婦でも融資を受けられることや、年収の3分の1を超える貸付が可能なこともメリットとして挙げることができます。
 
しかし、総量規制の対象外であっても、銀行が適切な融資額を判断するため、結果的に消費者金融よりも少額の融資しか受けられないということもあります。
 
また、銀行のローンでは保証会社がつけられることが多いです。銀行と保証会社の両方の審査に通らなければいけません。保証会社には消費者金融がなっている場合が多いですが、少ない保証料で貸し倒れのリスクを負うため、保証会社の審査もとても厳しくなっています
 
過去のクレジットカードやローンの返済で延滞をしていたり、他社からの借入件数が3件以上あったりすると、融資を断られる理由になります。消費者金融に比べると厳しい審査になるということはデメリットと言えます。
 
 

銀行のローンが人気の理由

銀行カードローンが人気の理由には、まずブランド力が挙げられます。銀行でお金を借りていると言っても、だれも驚きません。しかし、消費者金融でお金を借りていると言うと、心配する人は多いです。消費者金融のイメージは良くなっていきているとはいっても、まだまだ昔の「サラ金」のイメージが抜け切れていません。
 
若い人は消費者金融に抵抗がない人も多いですが、50代くらいの人は、「消費者金融で借金をしているような男との結婚は認めない」という人もまだまだいるようです。高齢になるほど、銀行と消費者金融へのイメージの差は大きくなっています。若い人も年配の人の意見は無視できないため、銀行と消費者金融のイメージの差は今後も多かれ少なかれ引継がれていくことになるかもしれません。
 
最近では、銀行カードローンの審査スピードも上がっており、即日融資に対応している銀行も増えています。銀行には目的別ローンやフリーローンといった商品もあり、自分に合ったプランを選びやすいというのもメリットです。銀行と消費者金融の力関係はしばらくは変わらないでしょう。



スポンサードリンク


 

コラム

この記事に関連する記事一覧