カードローン即日

カードローン即日審査※今すぐお金を借りれる情報まとめ

借金の支払いを延滞するとブラックリスト入りするので、キャッシングの返済は計画的にする


スポンサーリンク

信用情報のブラックとは?

キャシングやカードローンが身近になっており、試しに借りてみたことがある人もいるでしょう。しかし返済の計画性がないままに借りてしまうと、どうしようもない借金を背負うことになります。ただ利息を返せば良いというわけだけではありません。
 
信用情報に傷がついて、いわゆるブラックになってしまうと、大変困ることになります。若いうちは新たなキャッシングやカードローンが組めないぐらいで良くても、結婚して世帯を持つことになれば異なります。住宅ローンや教育ではローンなどを組む際に、過去の借金のために苦労をする可能性があるのです。
 
まずはお金を借りる前に返済計画を立て、返済日を守ってお金を返すということが基本です。しかし守ることができなかった場合に、どういう条件でブラックとなってしまうのでしょうか。そしてブラックになってしまうと、その後全くローンが組めなくなってしまうということはあるのでしょうか。
 
 

ブラックになる条件とは?

ではどのような場合にブラックとされてしまうのでしょうか。
 
金融機関によって詳細の条件は異なりますが、まずはどんな金融機関でも言えるのは遅延です。決められたにきちんと返すことで、信用を作るわけですから、延滞金を払えば問題ないということではありません。
 
では遅延は具体的に何回ぐらいまで許されるのでしょうか。どうしても事情があって返済日に間に合わないということは気をつけていてもあり得ます。お金がないわけではなく、引き落とし口座に丁度入っていなかったということもあるでしょう。しかし金融機関側が、そういった個人の事情をどこまで配慮してくれるでしょうか。
 
例えばクレジットカードのショッピングであれば、口座から引き落としができなくても、すぐにカードの利用が止められるとは限りません。けれど借金となると難しく、一度の遅延であってもアウトの可能性が非常に高くなります。もし間に合わないのであれば、事前の連絡が必要でしょう。
 
 

ブラックでもお金を借りるには?

ブラックになってしまうと、一生お金を借りられないのかというと、決してそういうわけではありません。
 
もちろんきちんと支払いを済ませることは当然ですが、基本的に一定期間が過ぎれば、ブラックの登録から外れます。その上で、実際に融資をするかどうかは金融機関次第ですが、ブラックになった理由が一時の返済の遅延等で、悪質でなければ問題はありません。
 
もし支払遅延でブラックになってしまったとしても、支払自体を済ませれば大きな影響があるわけではないのです。
 
どうしても支払いが難しい場合は、債務整理や自己破産といった方法もあります。これはきちんとした法的な手続きですから、自身の状況によって借金額を減らしたり支払わずに済む場合もあります。債務整理や自己破産後に、新たに借金ができないのは通常5年程度です。支払えずに、そのままにしておくと将来様々な弊害が生じますから、一度整理をしておくことで一定期間を過ぎれば借り入れができるようになるのです。



スポンサードリンク


 

コラム

この記事に関連する記事一覧