カードローン即日

カードローン即日審査※今すぐお金を借りれる情報まとめ

専業主婦(無収入)が警戒するべきキャッシング詐欺とは?~闇金には十分な警戒が必要


スポンサーリンク

専業主婦はキャッシング詐欺にご注意

闇金融

いつの時代でもどの場所でも、常に≪詐欺≫という二文字は存在しています。これは現代の日本でも同様で、ここ数年ではキャッシング詐欺と呼ばれるような詐欺の被害が多く報告されるようになっています。
 
ではこれはどういったものなのかと言うと、簡単に言ってしまえばキャッシングにまつわる詐欺と言うことです。例えば他社で融資を断られたというような人に対して「うちなら融資できますよ」と言って近づいたり、本当は貸すつもりも無いのに「契約金を支払ってくれれば格安の金利でお貸ししますよ」と言って近づくと言うようなものがこのタイプの詐欺だということになります。
 
この被害に特に注意をしたいのが専業主婦です。平成22年に貸金業法が改正されて以来、貸金業者は総量規制の中で事業の運営をすることとなりました。この総量規制の中では、貸金業者に対して専業主婦のように年収がゼロ円になってしまう人に対しては一切貸し付けをしてはならないというような制限が課せられるようになっています。(※一部の銀行カードローンは除く)
(⇒収入のない専業主婦は旦那に収入があれば借入も可能
 
従ってこれまで貸金業者からお金を借りてやりくりしていた専業主婦がその業者からお金を借りられなくなってしまったのです。キャッシング詐欺はこうした立場の人を狙うものですから、そうした詐欺があることを理解し、警戒するようにしましょう。
 
 

専業主婦を狙う闇金によるキャッシング詐欺

ではそうした被害があるのだということを踏まえて、実際の詐欺の事例を見ていきましょう。まず全国的に多く報告されているもののうち特に注意したいのが闇金による被害です。闇金とは国に対して必要な届け出をせずに不法に営業する貸金業者のことで、このタイプの業者はかつてと比べると格段に数が減りました。しかしそれでも数がゼロになったわけではありませんし、被害も毎年どこかで出ているものです。
 
法改正で経営が厳しくなったことを受けて闇金はこれまでのように融資をしてほしいと言われるのを待つのでは成り立たなくなっています。その中で目を付けたのが専業主婦であり、闇金は専業主婦に対して「ウチなら特別に融資できます」と言って近づくようになっているのです。
 
直接勧誘をするということはせずとも、新聞の三行広告や町中の張り紙などで顧客を募ることも多く、利用者は闇金だと知らないまま利用をしてしまうケースが多いのです。一度利用してしまうと多額の利息を請求されるようになってしまいますし、本来は禁止されている強硬な督促を行う闇金もいます。一度関係を持つと手を切るのが難しくなりますから、怪しい業者は利用しないようにしましょう。
 
 

闇金とは異なる振り込め詐欺タイプの被害

最も注意するべきなのは先ほどの闇金によるものですが、それと同様に注意をしなくてはならないのが振り込め詐欺タイプのキャッシング詐欺です。これは冒頭でふれたもののうち契約金や手数料を要求して契約をするというタイプになっています。申込みの際に「専業主婦でもウチは融資していますよ」というような甘い言葉を並べ、そしていざ申込みをした後で「特別なプランで無くては貸し付けができないのでプランの契約金を支払ってください」と言ってきます。
 
そこで契約金を振り込みなどで支払ったあと、実際にお金を借りようとして連絡をすると全く連絡が取れなくなってしまい、結局契約金を無駄に振り込んだだけで終わってしまうのです。このタイプの業者は闇金とは異なり電話などだけで受付をしているケースが多いのが特徴です。
 
ただ金融の業界において、実際の店舗が無いということは非常に怪しいことだとして判断しなくてはなりません。大手であって各地のATMなどを活用して貸し付けをしているというのであれば別ですが、中小で事務所も無く経営しているということは早々あることではありません。一度振り込んだ後ではお金を返してもらうことすらできないケースもありますから、こうしたタイプにも十分警戒するようにしてください。



スポンサードリンク


 

タグ :

コラム 基礎知識 主婦・専業主婦

この記事に関連する記事一覧